自分の場所、空間を探す

5リズムの中で、歩く瞑想も少しする。
ほんの少しだけなんだけど
(本当はもっと時間とりたいんだけど)
導入なので、少しだけなんだけど、

その時に絶対に注意させてもらうのが

「からっぽのスペースを見つけて。
 自分の周りの一番大きな空間を見つけて
 そこへ入って行って」

って。

だって、人生ってそうだもんね。

自分のスペースを探す。

家も、会社も、
自分がいられる場所、
自分がいてもいい場所、

すなわち、自分の居場所。

それを探す。

そして、それはいつも「変わる」

だって

地球は動いてるんだもん。
私たちは動いてるんだもん。

そこを固定の場所だとしてしまうと
そこに困難が生まれる。

「絶対にこの人と一緒に」
「絶対にこの地位を守りたい」
「このまんま永遠に」

それは、

物理的に無理。

物事は絶えず変わる。

だから、絶えず、私たちも動く。

周りが動いている以上、

自分の周りのからっぽのスペースは
動くのだ。

===

ミチくんと タレ流しの会話を録音してみました。
多分18禁。ゲイネタ満載。

「スピリチャルから下ネタまで」誰にも聞かせられない話。

クレーム、一切ナシでお願いよ〜〜。

途中で切れてるけど、次回に続く。

広告

体は嘘つかない:体現化する。

明日、日本へ向けて出発。
最後の準備をしている。

1月21日 川崎、
1月22日 三島、
1月23日 山形、
1月26日 奈良(プライベート)
1月28日 東京
1月29日 名古屋
2月3日  大阪
2月4日  大阪
2月5日  神戸

ぜひ、ご参加ください。
詳しくは www.5rjp.com

私のワークショップのリストはこちら http://5rjp.com/teacher/masayo-benoist/

〜 〜 〜

さて、

5リズムのようなムーブメントにおいて

踊りが上手とか
踊りが下手とか
全く関係ない、というお話をひとつ。。。

その昔、エサレンのワークショプに
ものすごい踊りの巧いブラックの男の子がいた。

それはそれは、一目瞭然プロのダンサーだとわかった。

ところが、彼の踊りはパフォーマンスとしては素晴らしいが
自分の今の気持ちだとか、
自分の今のあり方だとか存在だとかが
踊りに反映されていなかった。

ただの振り付けでしかなかった。

そして、同じワークショップにもう一人
マドンナのツアーを回ったニレアちゃんが参加していた。

彼女は晩年のガブリエル(5リズム創始者)の個人アシスタントをしていたこともあってか
踊りの中に、動きの中に自分の人生を入れ込む人。

踊りの中に感情が入ると、
それはたかが顔を動かす一つの動作でも、
重みが違う。

これは、だからダンサーさんたち、感情を入れましょうね、っつー話ではない。

〜 〜 〜

私は、
5リズムに惚れて踊り始めた最初の頃は
踊りが上手ではないが、
前者のブラックの男の子のようだった。

いわゆる、「上手でしょ?」な 見て見て君。

ブラックの彼はフラストレーションをためていた。

「だって僕、こんなにウマいのに、
 一生懸命踊っっても
 誰も感動してくれないよ。なぜ?」

感動どころか実際、彼を見ているのは痛かった。

私もその部分がわからなかった時って、
ペアを組んでも相手と通じ合わなかったり、
イタい人だったんだと思う。

だから、あまり人が一緒に踊ってくれなかった。
(という被害者意識で捉えていた)

一方、ニレアちゃんは
踊りを踊ったことのない80歳のおじいちゃんと
泣きながら一緒に踊っていて

それは、いっぱい動くスーパーダンサーなニレアちゃんと
ただ、足踏みをしてるだけのおじいちゃんと
それぞれが「今の自分」のまんまで
相手に必要以上にあわせることなく
一緒の空間を共有していて、
そこにはウソが一つもなく、、、

とても美しかった。

二人は自分の今の位置を「体現化」していた。

〜 〜 〜

実はコレがすべての秘密だよね。

人としての存在。
人としてのあり方。
どんだけ自分と向かい合って生きてきたか とか

そんなことを体を通して学ぶ。
アタマじゃないよ。
アタマだと解った気になって
できてるかどうかがわからない。

人生は比喩。
すべては投影。

ダンスフロアーを練習の場だとして
それらを意図的にダンス(というツール)に入れ込んで、
練習していく。

・・・

私はエラそうなことをいえばいうほど
怖いよ。
だって、ウソは体でバレるもの。

だけど、勇気を持って
自分の一番カッコ悪い部分、
いわゆる途中経過をお見せしていく。

あ、カッコ悪いマサヨを見たろ!と思う方、
どうぞ、会いに来て。

Love,

エネルギー調整

去年の暮れあたりから今年に入ってからの、エネルギー調整がすごい。

色んな状況となって、それが現れる。
一言でいえば、変化。

体の変化、
誰かが離れて、別な誰かが入るような、人の変化、

それらが今までのように人間ドラマを生み出すことなく
ただ、流れて そうなる。
それを見ている。

複雑に見えるマトリックスの中、
必要なところへ必要な人が「確実に」配置され、
ウソのない、元どおりの場所へ
ただ 戻っていく。

まるで宇宙の作業のようなものを実感している。

そこには善悪などなく
ただ、そう 在る。

私は自分のエネルギーを調整する
他の人はそれぞれ自分のエネルギーを調整している。

自分のエネルギーを調整するために
時には境界線を引くことも必要になってくる。

そして、エネルギーが共鳴する人で集まる。

行くべきところへは
自分を100%コミットしてやっていれば
不思議と扉が開いていくし

気持ちのお試しも含めて
行かないでいいところへは
オーバーブッキングされたり色々としながら
ブロックされる。

そして完璧な結果が出てくる。

それはコントロールを超えたところに在る。

だから、

他人のエネルギーに関与することなく
ただ 自分のエネルギーだけを
ベストに調整すればいい。

そして、
ほんの少し、勇気を加えて
ほんの少し、リスクを背負って
ありのまんまで
飾ることなく
その場、その場で、
恥じることなくさらけ出し、
100% 表現すればいい。
 
〜 〜 〜
 
今日、月曜日はレドンドで5リズムのクラス。
8:15PM ~ 9:45PM
Harmony Yoga Studio
901 N. Pacific Coast HWY REDONDO BEACH 90277

1月21日、今週末からの、日本でのイベントもいよいよだ。
パッキング、そろそろ始めよう。

日本でのワークショップとクラスはこちらから。

5リズム
http://www.5jp.com

自分が見つからないあなたと私へ

自分って何?
自分の意味が見つからない?

え?

私なんか、一生、自分探しをしてるようなモンである。

私は、いわば
「私はなぜ生きてるの?」
「私は何がしたいの?」
「私は誰?」

のプロフェッショナルだ。
ずっと探し続けている。

で、見つかったのかというと
「今ようやく見つかりかけている」
というのが正しいのかもしれない。

こんだけバカみたいに自己探求して、アメリカまできて
夫まで巻きこんでソレに時間を費やした女もいるまい。
それしかしてこなかったと言っても過言ではない。

今になってようやく教えるという立場をとることを決めたが、
自己探求を世の中という受け皿でで実践することなく
自己探求そのものに生きてきたわけだ。

ってことは、
「探すの自体がスキ」という、贅沢な大馬鹿ものである。

探求するのが好きなのであって、
その先の結果は案外どうでも良かったりしてね。

じゃあ、ずっと探求し続けるんだし、
じゃあ、ずっと習い続けるんだろう。

 

私が8年前に出会って
号泣とともに、
コレしかない!と
魂震わせたのが
今は教える立場となった、5リズム。

明確でありながら哲学的で
体を使いながら何よりも精神的で
かっこいい要素を持ちつつ
どこかしら人生のパラドックスや皮肉も含みつつ
「道」である
そして、アーティスティックで
(5リズムは、ワークショップの種類によっては音も絵も文章も使う)
一面的でなく、深みがあって、

とても間口が広い。
英語で言うところのブロードバンドなのだ。

ようやく「見つけた!」と思った5リズム。
その5リズムの中で、一番ぶつかっている壁がある。

それは
「自分らしくいること。自分であること」

あああ〜〜〜! やっぱり自己探求じゃん!
だから、これが必要だから
私に5リズムがハマるんだな。
5リズムという自分の魂震わせるものを見つけてさえ
そのテーマが

「自分らしく、自分でいること、自分であること」

「誰かみたいに」「あの人みたいに」踊らなくていい。

「ケイトみたいに」「ルシアみたいに」教えられなくていい。

自分らしく、自分でいること、なのだ。私が学んでいるのはまさにそれなのだ。

まるで、マショーリカ人形みたい。
いや、マショーリカなら終わりはあるけれど、
まるで三面鏡に映った自分を延々と覗き込んでいるようなものだ。

その連鎖に埋もれることなく
えーい!と断ち切り、
表現をしていく。
そして、また内側へ入って探し、
また表現をしていく。

もう、
それを楽しんでいくしかないな。

自分をうまく見つけられないあなたも
私と一緒に5リズムしませんか?

1月、日本でワークショップとクラスをします。

詳しくは
www.masayodance.com

もしくはFacebookの イベントページ

5リズムイベント情報

へ。

精神世界から下ネタまで

お寿司屋さんをやっている友人が私につけてくれたキャッチフレーズは
「精神世界から下ネタまで」

スピリチャルサイトを持っている友人がつけてくれたキャッチフレーズは
「スピリチャルテロリスト」

ウケる。

とにかく、
最終的には綺麗事なんだけど
綺麗事で生きていてはツマラナイし
「本当(真実)」にブチ当たらない

泥水から蓮が生えるといいつつ
泥水を見てみないふりをすることも多い世の中、

このキャッチフレーズにふさわしい
英語のジョークを今日はシェア。

そう、ちょっとだけ、シモ、入ってる。

===

昨日、ウチの夫がコーヒーを作ってくれたが
いつもよりスゴーーーーク薄かった。

で、

「今日のコーヒー、アメリカン?」
と私がジョークで聞いたら

「why? is it like “SEX in a boat?”」
(なんで? ボートでのセックス?)

SEX in a boat ってなに?

「You can say Making love in a Canoe」
(カヌーの上でのセックスって言ってもいいよ)

Making love, Make love は、セックスを綺麗にいうときの言葉です。

で、どういうことなの?

「It’s Fucking close to the water!」

・水に近いところでのセックス
・クソ限りなく 水に近い

そう、コーヒーは、クソ限りなく薄かった。

補足説明:

・Make love
・Sex
・Fuck
が同じ意味。性交。

で、ご存知のように、
Fuckには「クソ」とかの否定的な意味もある。

モンティパイソンの中に出てきたフレーズだそうだ。

=========

 

さてさて今日はスーパームーン

何十年に一度かの接近率なのだそうで

そんな日に自分のクラスがあるの、嬉しい。

 

余談だが、私が5リズムを好きな理由の一つは、

「高尚なもの」ばかりに行かず、

しっかりと闇を見て、楽しさに変えるように促すから。

だから私にぴったりで、とても三次元的。

どうせ上へなんて死んじゃったら行くんだから

今のうちに現世を楽しみましょう、的なところが好き。

 

mmsb_small_nov14

内なる子供に遊ばせる

ふう〜〜〜っ!
心地よい疲労感だ。
マラソンの後のような、疲れているけど冴えている。

夏の間限定、トパンガで火曜の夜クラスもやっている。
「踊る瞑想 5リズム」

ここのところ、爆発したいエネルギーがうまく出されてなくて
ウズウズしている感覚があった。
多分それは地球的なエネルギーで
(私はよくこの表現をするけど、これは間違いなく有る!)
皆、つながってるから、同じように感じる感覚。

そこで、昨日のトパンガのクラスは
「ライト&シャドウ(光と闇)」にした。

シャドウをやると結構落ちるので、
あとはライトで明るく持って行って発散させる必要がある。

なるほどカオスでは皆、えらいこと中からエネルギーが溢れてきていた。
吐き出したいものが出てきたらしく、
皆からウーとかアーとか、声が出始めた。
追い打ちをかけるようにカオスの激しい曲をかけようとも思ったが、時間もないし、

そこで あ!と思ったのが
そのまま ダークな子供に皆を変えてあげることだった。

ピンクパンサーの曲
(しかもジャズリミックス。下のリンク参照。
”Don’t Worry Be Happy”のボビーマクフェリンかっこいいよ)
をかけ、流れを見ていたら、、、

エネルギーをもてあまあしている子供が
皆がそれぞれに ちょっぴり悪い子になって
踊りながら遊び始めた。

アドリブのダンスでの追いかけ合いが始まり、
声をさらに上げ、その一曲が終わっても、
とどまることを知らず、
呼吸と声と足音が音楽となった。

なのでDJを切り、なすがままに放っておいた。

最年少が20代〜50代までのオトナが、
真剣に子供になって遊ぶ、踊る。
インナーチャイルドが好きに遊んでる!
その図は壮観だった。

散々声を出して自分の中の溜まっている子供を出した後、
皆が笑い出し、10分が過ぎた。

笑いが終わったら
徐々に静かになった。
そこには呼吸だけがあった。
皆、完全に”空”になっていた。

終わった後、ボビーとサティアが
「泣くだけが深いんじゃないよ。
 死ぬほど笑ったけど
 すごくディープなダイブだったよ
 本当、皆、出す必要があったよねー」

うん、うん!

楽しみながら闇(シャドウ)を出す。
これ、大事。

===

9月、日本へ行きます。

名古屋、静岡、神奈川、東京、奈良でワークショップします。
お家で声を出せない人、
自分を発散させられない人、

ぜひご参加ください。
お待ちしています!

2016_fall

11月「男性のための5リズム」ほか、in Japan

頭じゃなく、カラダで感じる哲学。動く瞑想5リズム。

ダヴィダ先生による5リズムのワークショップの通訳として日本へ行くわけですが(下に詳細があります)自分も5年かけて晴れてティーチャーになったので、自分のクラスのお知らせをさせていただきます。
11/22、23の週末、時間があきましたので、ワークショップ、クラスなど、企画をして下さる方いらっしゃいましたら連絡下さい。どこへでも行きます!(JRパス、万歳!)

===

今回の私のクラスのテーマは、
「男性のための5リズム:役割を離れて一人の人間になる」

男性のための5リズムは、前回参加下さった男性が
「このクラスは、オジさんたちにいっぱい受けてもらえるといいよね!」
と言って下さった事から始まりました。

「男だから」と頑張っている男性達に、
是非共自分と繋がって、
自分をもっと愛してあげて欲しいと思います。

「役割り」を生きるのではなく「自分」を生きる。
「男性、女性」を生きるのではなく「人間」を生きる。
「頭」で生きるのではなく「魂」で生きる。

これだけ書くと、お勉強会みたいですが、めっちゃ身体動かします。
かっこいい音楽で動きますのでうさんくささゼロです。実に現実的。

そして、16日のテーマは、「身体は宇宙である:Body Awareness」
1時間のお話会で、からだが持つ知能(ヨガナンダさんの映画にもありましたが、全ての細胞が脳ですね)と、人間の持つそこはかとない可能性に触れ、そのあと、通常の5リズムのクラスをさせていただきます。
お話会だけ or クラスだけ、のセパレート参加、OKです。

今回も大阪は江坂の スタジオWithさんです。(砂押さん、感謝♡)
お申し込みはスタジオWithさんに。

地図はコチラから
http://www.with-studio.jp/index.php?page=14
イベントページ
http://www.with-studio.jp/index.php?page=13

・11/15(土)18:30~2時間 ¥4,000 「男性のための5リズム」

・11/16(日)15:30~1時間 ¥1,000 「脳出血からのリカバリーお話し会」

       16:30~2時間 ¥4,000 「5リズム Body Awareness」

☆ ☆ ☆

そして、名古屋は、長年のヨガ友達であるワクワクヨガスタジオのみちこさんが
ロサンゼルスでのヨガのティーチャーズトレイニングの時に、
多くのヨギーニと一緒に私のワークショップを受けて下さって、
その流れで、名古屋でも開催の運びとなりました。みちこさん、感謝♡

大阪で週末2日間なのに、日曜の朝、名古屋へトンボ帰りでクラスをさせていただきます。
お誘いあわせの上、ご参加下さい。
こちらはヨガの方が多いと思われますので、「作り上げる 〜 崩す へ」をテーマに考えています。

お申し込みは、リンクの中のWACUスタ、武田(みちこ)さんに直接お申し込み下さい。
http://blog.livedoor.jp/wacu_wacu_yoga/archives/52403952.html

======

ハードコアにまる2日!まる1日、
ベテランのダヴィダのワークショップもご案内させていただきますね。
私は通訳で入ります。

ハートビートとは5リズムのレベルの中級で、感情にフォーカスします。
どのように感情が生まれ、どのように変化して行くか、それらを動きながら学びます。
ハートビートに参加されるためには、あらかじめ通常の5リズムのクラスをとっておいて頂く事を強くお勧めします。

 11/8、9 大阪(実質は奈良)両日とも 9am-5pm ハートビートWS
  http://cocorotkn.com/news/1861
 11/10  名古屋 ウエイブのクラス
  http://blog.livedoor.jp/wacu_wacu_yoga/archives/52403349.html
 11/12  東京(浜町、中央区立体育館、地下、小体育室)10am-5pm ハートビートWS
  http://www.nagomi.com/monroe/photo/taurek.gif

======

ちなみに、「こんな人も5リズムをやっている!」

マドンナのワールドツアーのダンサーのニレアちゃんとかも5リズムのプラクティショナー。

(ジャネットジャクソンのリズムネイションですが、ポニーテールで黒Tグレーパンツのがそうです)
彼女は5リズムのビデオにも出ています。

UKのバンド、JamesのボーカルTim Boothも5リズムの先生なのです。
Jamesは、日本の位置づけでいったら、スピッツとか、そんな感じ。15〜20年前にUKヒットチャートの1〜5位に入った事があり、現在リバイバル人気復活中。
LAに住んでいるため、時々ケイトの代講で教えてくれてる。彼のクラスは優しくて論理的で好きです。
これ、Timが歌うJamesのPVです。

では、お会いできるのを楽しみにしております。

雅代 拝

Good Bye 2012 Welcome 2013!

私の誕生日、クリスマス、夫の誕生日と終わり、あと少しで2013年がはじまります。

毎日を特別な日であるように感じたいと思います。

今年まで自分のやりたい事を全てやってきました。
来年は、それも続けつつ、少し人様のお役に立つために動きたい。

自分のお役目を果たしはじめるスタートにしたい、と思っています。

とにかく、動きたいと思います。

Disease is inertia. Healing is movement. by Gabrielle Roth.
病とは無力の事。癒しとは動く事。ガブリエル・ロス

みなさまもどうか、よいお年をお迎えください。

=====

▶ メルマガはじまりました。がんばって真剣に書いております。
  応援よろしくお願いいたします。

  1/1号は「神聖幾何学」です。

話してみるからおもしろい

ダンスで一緒のローラから話を聞いた。
彼女がインドでチャリティを続けるようになるまでの話。

興味深すぎる。

人は話してみないとわからない。

こちらがハダカになれば、あちらもこころをハダカにしてくれる。
それであわない人とは、つきあう必要など、まったくなし。

心と心が通じる会話。
言葉なんて関係ない。
ランチのカフェで、涙うるうるで話し込む二人(笑)

いやー、人は長年生きて行けば、埃のひとつも出るからだになっている。おもしろい話はいっぱいあるね。

ワタシだけが特別なんじゃない、あなただけが特別なんじゃない。
皆、それぞれに尊いんだ。

人は、今を一生懸命生きて、出来る事をやっていけば、
それでいいのだと思う。

この話、メルマガに書こう!

といいつつ、メルマガ、いつ発行するんだ?

ま、いいか。
発行はじめたら、お知らせします。

その時には、是非とも応援してください。
よろしくお願いいたします!

浜田麻里さん、ジャケット撮影

浜田麻里さん、デビュー30周年記念のアルバム、Legenda。

わーーい、サンプルが届きました〜。
徳間ジャパンさん、ありがとうございました。

 Yahooニュース 

 浜田さんのサイト 

===

デビュー30年で、アルバムが24枚目というのは、ほぼ毎年アルバムを出しているという事。詩、曲、音入れ、歌入れ、撮影、パッケ、販促、浜田さんは全部にかかわる。命がけだと思う。

同じ事を30年し続けるというだけでも凄いのに、私はこのすごさに涙が出る。
そんな方の撮影にかかわらせていただいた事を、心より感謝し、嬉しく思う。

浜田さんは歌で神様と繋がっている方。
彼女は巫女であり、彼女の歌、音楽は奉納。

スピリチャルな場所、セドナにて、浜田さんの希望のとおりに、お天気も味方。
ピーカンではなく、きっちりどんよりしてくれて(笑)、セドナの案内人、アイル・グラハムさんによる場所のコーディネートで、とても素敵な場所へ案内してもらっての撮影だった。

浜田さんがカメラの前にいるだけで、そこに物語ができる。
ちゃんとそれをつかまえたい。それを表現したい。
それに意識を集中する。

パッケージになった商品をネットやニュースで見て、
実物を手にして、アルバムのブックレットを開く。

静かな喜びとか感動とともに、
撮影した9月のセドナの、あの時の空気とか、
色々と思い出した。

それは、はるか遠い昔のようにも思え、また、昨日の事のようにも思える。

===

今更ながら、30周年記念アルバムなどという文字をみると、
ひょえ〜〜〜、知らないでヨカッタ〜〜!と思うのだった。
知ってたら緊張してカタカタ歩いてたかもしれない。

浜田麻里さん、本当に素敵な方。

浜田さん&皆様
こころより、ありがとうございました。

魅力的なハワイ島オプショナルツアー

「ハワイ島へ行かずにハワイへ行ったと言うべからず」と、マウイに住むユミがその昔、言っていた。それ以来、ビッグアイランド=ハワイ島は、いつか行ってみたい場所の一つになった。

そしたら、、、なんとロスで仲のよかった友達が宿をはじめた。その憧れのハワイ島でですよっ!!

で、何がビッグアイランドの魅力かというと、その昔、旅行代理店をやっていた「マコちゃん」が言っていた言葉を引用すると、
「夏と冬が一緒にあるんだよ、南国の島にさ。極端に言えば、ジェットスキーとスノーボードが一緒に出来ると思えばいいんだよ」と。

まあ、私も本当にソレが出来るかどうかは、まだ行った事もないのでわからないが、もう、言葉を聞いているだけで頭がクラクラしてきたワケだ。

で、スピリチャルにうつつを抜かしていたこの10年。
また新たにハワイ島という言葉が出て来た。

けっこうなパワースポットらしいじゃないか。
ヤバいなあ。いってみたくなるなあ。。。

キラウエア火山ツアーとか、野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムとか、パワスポツアーまで、 ハワイ島オプショナルツアーが満載。ハイキングとかも気合い入ってて、ハワイの自然にどっぷりと溶け込みそう。。。

なんてったってすごいのは、ソーラーシステムと雨水のエコでもってゴージャスな宿泊。

MAKOAという名前の宿です。

ラナイとハワイ語で呼ばれるバルコニーから朝陽を見ながら朝食だって。ヨダレが出ちゃう。。。
星空をみながら露天風呂だって。
ううーーー! すぐにでも飛んでいきたい。