お金のワークショップ

って書くと、ビジネスのワークショップみたいに聞こえるが

実はコレ、5リズムのワークショップ。

Evangelo.jpg

 

日本から来た美都ちゃんも一緒に。

いやーーーー、面白かった!

名前は「Abundance (豊かさ)」
というワークショップだったが、実はお金のワークショップ。

5リズムを使って、お金のアーキタイプを踊る。

先生はエバンジェロというカナダの男性で
マネー・コーチングのプロフェッショナルも兼ね備えている
5リズム・ティーチャー。

「”マネー” ってワークショップの名前つけてたんだけどね、
あまりにダイレクトなんでアバンダンス(豊かさ)に変えたんだ。
そしたら、ケイト・シエラ(私の師匠です)が
ファック!なに、そのダサいベタな名前!って言ってた。笑」

って。

5リズムは5つのマップ
・フローイング、
・スタカート、
・カオス、
・リリカル、
・スティルネス からなるが、

お金はそのシャドウのマップの裏なのだと彼は言う。

全く新しい見解の5リズムだったが
ほう、なるほど!の連続!

レクチャーも面白く、
これはウイークエンドのワークショップにしておくのもったいな、という感じ。

それらを「頭で」だけじゃなく踊っていくことで、
お金とエネルギーの関係を
「カラダで」理解し、覚えていく。

カラダの反応は正直。

そして、踊ることによって気づく
カラダからの発見は すごい。

明日から5リズムのスペースホルダーさん養成のプログラムで
ソルトレイクシティへ行くので、体力を温存しなくちゃ、と
自分の体をいたわるように

踊らないつもりだったのに
踊らないつもりだったのに

死ぬほど踊った。

こんなに踊ったのは久しぶり、くらいに踊った。

特に最終日、三日目は
エライこと、揺さぶられて、

手足がもげるくらいに(笑)踊った。

その中からしか出てこない、
全てを脱ぎ捨てた
「ゼロからのクリエイティビティ」がある。

それが出た。

笑った。

シンディもキオラも
私を見て腹をよじって爆笑した。

どうやら私のクリエイティビティは
めっちゃ笑えるらしい。

さて、
シャドーは自分を正直にする。

アリーンとジェシカと私は
ちょっと特殊な
同じアーキタイプで、
ショッキングだった。

特に信心深く、心の綺麗な彼女たちは
その結果にすごく怒りが出た。
アリーンたちは怒りから泣いて、
潰れそうになっていた。

そのアリーンに対して
私はすごく強かった。
すごく強く彼女を支えた。

その自分の強さも知ることができた。

その強さはシャドーがあるからだ。

私はシャドーのワークがすごく好きだ。

シャドーは決して暗闇じゃない。
シャドーはお友達にすれば
最高の武器であり
最高の強さであり
最高の愛である。

シャドーを排除しようという人、
排除したいという人。

私にはシャドーなんてありませんっていう人。

かかってきなさい。

という、ジョークのような脅しはさておいて、、、

このワークがあまりに素晴らしいので
この先生を近い将来、絶対に呼びたいと思っている。

実はこの先生、昔京都に4年間住んでいたんだそうな。
ほお〜〜〜!ないす偶然の一致!

「絶対行くよ!実現させよう!
僕は日本でこれを教えたいんだ!
日本人には特にこれが必要だって知ってるから!」

お金への理解。
お金へのコダワリと解放。

来年くらいかな?

日本の皆さんにご紹介できるのが楽しみです!

広告

メンタルの価値観

小さい頃から考えてることなんて結構同じなのだ。

思考が現実を作ると言われて久しい今、
小さい頃の考えがそのまま染み付いていたら
同じような事柄を違ったシチュエーションで作り上げるだけのことだ。

===

夫のことを書くと、
彼は「お金の支払いが大変だ」と言う概念を持っている。

付き合い始めの頃は、普通のマンションに住んでいて
離婚した元嫁への支払いが大変だった。
「俺のお金の90%は持って行かれてる」と。

そして、そのあと、波に乗り、バブったところで、
オフィスも含めて90万円相当のお家賃のところに引っ越した。
働いてくれる人も、一月100万円近くの高給取りが絶えず4〜5人。

彼は「お金の支払いが大変だ。とにかく支払いのお金が大きい。来月が危ない」
と、よく言っていた。

で、数年後、その建物のオーナーが変わり、テナントが全て立ち退きになった時、
安いところに引っ越そう、と、半額くらいの場所へ引っ越した。

不思議と入ってくる金額も半分になった。

相変わらず夫は
「収入が減ったから、お金の支払いが大変だ」
といった。

じゃあ、そんなに大変なら、もっと安いところへ引っ越せば
私が手伝える範囲かもしれない、と
今の場所へ引っ越してきた。

でも、最初の頃は相変わらず
「お金が大変だ」
と言っていた。

私は バルブとお水の関係がイメージに出てきた。

大きなバルブでプールへ入れても
小さな蛇口で茶碗に入れても

結局、入ってくるのと出す割合は同じで、
どのようにその、出し入れを感じるか、
それの違いだけなんじゃないか?と。

===

私の女友達も
いつも
「お金がなくて、老後の保険から下ろすの」と
悲壮な顔をして言っている人がいる。

実際、彼女は私より稼いでいるのだ。

===

と言うことは、

豊かか、そうでないかは、
自分の概念だけの問題。

変わりたければ、どこかで「えいっ!」と自分のメンタルを意図的に自分を変えるしかない。

そんなことを考えた今日、

なんとなく憂鬱が好きで、
小難しいことが好きで、
文句を見つけて言うことに自分の頭の良さを比例して照らし合わせていたらは
こりゃ幸せになんねーわ、と思った。

だって、小さい頃と、悩んでるポイントなんて、
そうそう変わりはしない。

だけど、

「今」

変えなきゃ、変わらない。

「今」 変わらなきゃ、いつ変わるんだ。

変わらなきゃ、じゃなく

自分で 変えるんだね。

ま、小さい頃の自分を否定することでもなく、
それも併せ持った上で、
「何を選択していくか」

なんだな。