あ!声が違う

5リズムの先生で、
ホッケーの体のメンテをしているコーチでもあり、
ホッケーの人たちにも5リズムをやらせちゃう
カナダの男性の先生、エリックから、
「アレキサンダーテクニークは習っとけ」
と言われていたので、
この夏からon & offで習い始めた。

=========

先生はLA在住の日本人にして、
私と同じ、カラダオタクな逸子さん。

5リズムもアレクサンダーも、共通点がいっぱいあるので
逸子さんもすっかり5リズムファン。
そして、私もすっかりアレクサンダーファン。

今回は座り方、立ち方。

座っている時に私がまっすぐだと思っていた姿勢が
実は少し反っていて、
ほんの少し、
ほんの少し、
前のめりな気分になる座り方が
私にはまっすぐなことがわかった。

その、
ほんの少し、
のさじ加減。

逸子さんがそこへ私をちょっとだけ押して
持って行ってくれた時、

イキナリ
「カラダが管になった」

要するに、「通った」

瞑想とかしてると
「あ、キタ!」とか
「あ、つながった」と思う瞬間があるんだけど
まさにソレにつながった。

自分がちゃんと宇宙の管として存在すると
簡単に繋がれる。

アレキサンダーテクニークで
たった1センチとか 気持ちを前にするだけで
「管になった」

そして

その時に

「あ!」

と声を出してなおさら驚いた。

めっちゃ声が出る!
声が違う!

えええええええ〜〜〜〜〜!!!

だった。

ビックリした、ビックリした。

「これが本来の自分100%か」

と。

それを意識的に自分で持ってこれたら
スゴクない?

そんな私のアレクサンダーの先生、逸子さんが
日本でワークショップをする。

体の意識をエデュケーションする、アレクサンダーテクニーク。

ボディ系のことをやっておられる方は是非!!

===============

1『ストレスに強い自分になる!』
11月5日(土)10:00am-­‐1:00pm
それは無理をすることでも頑張ることでもなく、本来の自分を取り戻すこと。自分を客観的に観察することにより、ストレスの正体を知り、それに対処するツールを手に入れます。

2『無意識の習慣から抜け出そう!』
11月19日(土)10:00am-­-12:00pm
習慣に乗っ取られている自分の身体や思考から、実際に自分を取り戻していくトレーニングをします。様々なゲームを通して、楽しみながら自分を新発見していきます。

料金:11月5日7,000円/11月19日4,500円(両日参加10,000円)
講師:マスダ J.逸子
主催:パトリス・ジュリアンオフィス
協力:渋谷のおうちギャラリー
お申し込み:info@patricejulien.com

講師紹介
マスダ J.逸子
米国アレクサンダー・テクニック協会公認教師。
パトリス・ジュリアン[Art of Life Master] 最初の弟子のひとり。修了後さらに深くよりよい人生のためのツールを求め、1600時間以上の訓練を積み、アメリカ最大のアレクサンダー・テクニック協会であるAmSAT公認教師となる。現在、アメリカ南カリフォルニア在住。生徒には俳優、大学教授、写真家、アナウンサー、ミュージシャン、ダンサー、ビジネスエグゼクティブ、妊婦、子育て中のお母さん…など様々。
ウェブサイト: itsukojmasuda.com

広告

アレキサンダーテクニーク

なぜか、テクニックではなく、テクニークという。
日本語記述でも「日本アレクサンダーテクニーク協会」となっていた。
このあたりが妙に嬉しい。

5リズムの先生、エリックが、
「アレクサンダーテクニークは絶対に習っとけ」としつこく言っていた。
私たち、体を使う商売をするものは、しっかりとソレを意識しておく方がいい、と。

アンナハルプリンも、同じようなことを言っており
以前からやりたくてやりたくてしょうがなかったアレクサンダーテクニーク。

でも、ティーチャーズトレイニングでシコタマ金を使った後の自分としては、プライベートレッスンのアレクサンダーテクニークなんて、手の出ないモノだった。

昨今、ひょんなことからご縁をいただき、
ロサンゼルスで日本人の先生の イツコさんをご紹介頂いた。
http://itsukojmasuda.com/

ベーシストのかおるちゃんと一緒に彼女のクラスを一回受けて、目からウロコ系だった。

イツコさんは5リズムにも来てくださり、
表現は違うけど、似てることいっぱいあるわね、という話になり
そのあと、「今度、仲間の先生たちとクリニック持つんだけど、写真撮ってくれる?」
という話になったのだ。

そのアレクサンダーテクニークとは?

以下、wikipediaより 

===

頭、首、背骨の緊張がなければ人間に生来そなわっている初源的調整作用 (プライマリーコントロールprimary control) が活性化され、自分の全力が自由に発揮されると唱えた。無意識的な習慣や癖(自己の間違った使い方、自己の誤用 mis-use of the self)のために、何かをしようという際に不必要な反応を生じ、不必要な運動を行おうとして緊張を生じることがその行為・動作を妨げているとされ、(さらに何らかの新しい努力や行為を追加するのではなく)そのような習慣的な反応を抑制(inhibition)することで改善が見られるというのが、基本的な考え方である。

===

意識とイメージを使って、体の内側にアプローチする。
体の中を自分で観察する。

私たちは踊りの中でそれをする。
自分を見ていく。
自分のキモチを見ていく。

アレクサンダーテクニークは、踊りではないけれど、
それの根本となることを科学的に論理的に教えてくれる
素晴らしいものだと、カラダが反応した。

どう反応したかって?

まるで瞑想状態のようになる。

そう、カラダがまっすぐに、本来のままの
「単なる管」に戻れば、
簡単に人は瞑想状態となるのだ。

5リズムは、感情やストレスを自分で意識的に躍り出流すことにより
本来の自分(管)に戻る。

アレクサンダーテクニークは、骨にイメージを使って意識することにより
本来の自分(管)に戻るんじゃないかと思う。

これは、完全に「委ねる」練習。
トータル サレンダー。

====

今日の撮影は、先生のうちの一人、ステファノがフォトグラファーであることもあり
今度は僕が撮るから君がモデルになって、と
4人の先生からモデルとして合計1時間以上セッションを受けた(豪華極まりない!!)ので
終わった後はドカーーンと瞑想状態っつーか、ブッとんだっつーか。。。

そんな感じの上、
帰りの車で後ろを振り返った時、この悪い首が、ここ10年こんなに回ったことはない、というくらい振り返れて、おおおおおお!!!! 状態に嬉しくビビった。

首が回る=金が入る!だな! (借金で首が回らない、って言うでしょう?)

うひゃひゃひゃ!

====

いやーー、ありがとうございました。

この論理は、本当に納得!
続けたいと思います。

これは、やり始めた人は続けたほうがいい。
一回やって「わかった」っていうようなモンじゃない。(5リズムもそうなんですよ〜)
奥が深い。