インナーチャイルド週間

インナーチャイルド・ケア週間。

なぜか、そうなった。

どうしても歌いたくなり、ハッピーアワーのカラオケへトムと一緒に1時間だけ行った。
英語の歌で玉砕し、私はダメだというインナーチャイルド傷つけ効果を得た。
 
リズム感悪い。英語のシンコペは難しい。発音悪い。滑舌悪い。
ダメ、批判のオンパレード。
 
トムなんて、下手くそなくせに、さすが外人。
英語ちゃんと言えるし、英語のリズム感はある(普通のリズム感はないんだけどね)。
ワタシ、愕然とする。
クッソー!こんなことなら来るんじゃなかった、的な。
カラオケがツマラナイなんて!
 
 
その後どうしても洗車したくなり、
トムを家に落とし、洗車へ。
 
そして、スーパーへフルーツを買いに行った。
 
そこでどうしても惹かれたものが 白いアジサイ。
 
この時期なのにアジサイがあるんだ。。。
 
そしてその隣には、緑の放射線状に散る綺麗な草とも花ともいえない植物。
 

 
これ、欲しい。
 
と思った瞬間、
インナーチャイルドがお花を欲しいと言った。
わかんないんだけど、そう言った気がした。
 
が、
 
「でもサンクスギビングの時(2日前)に買ったお花があるよね?」
というと
「それはゲストをウエルカムするため。私は私のためのお花が欲しい」
と生意気にもヤツはそう言った。
 
 
わかった。私はインナーチャイルドにお花を買ってあげることにした。
 
 
その花をカートに入れた。
 
 
するとインナーチャイルドが
「ピンクのバラも」
 
いやいや、まだ家に花があるのに。買うだけで十分だというのに、これ以上?それにこの白紫陽花と緑のチラホラにはピンクのバラはあわないだろう?
 
それでも一応見まわしてみると
ピンクのバラは20本入りしかない。
 
「いや、高いしね、アジサイあるし、このお花たちすごくかっこいいよ?これでダメ?」
 
「いやっ!ピンクのバラ!」
 
「なんでピンクなの?イメージ違うから、赤とかは?
 私的にはピンク、ありえないんですけど」
 
赤はなぜかピンクより少し安かった。
いつもは赤のほうが高いのにね。 
 
 
「だめ!ピンク!」
 
 
 
「だってさ、このお花たち、白と薄緑で、すごくかっこよくクールになるんだよ?ピンクいれたらチャチくなっちゃうじゃない?値段のこともあるしさ」
なだめに回る。
 
「あなたっていつもそう!私のためって言いながら、私のいうこと聞かない!私のためなら私の欲しいお花を買ってよ!!」
とインナーチャイルド、激怒。
私にピンクのバラを買わせることに固執。
 
 
 
 
結局、買った。
エラい豪華なことになってるんですけど、、、


 
彼女は現在、勝ち誇ったような顔をして喜んでいる。
そんな気がする。
 
 
で、結果、
案外キレイで驚いている。
 
 
私は子供がいないからわからないけど、
これ、お子さんのいらっしゃる方は、よく経験してるんだろうなあ。
  
さて、枯れるまでは、そのお花とともに瞑想でもするとしよう。

広告

自分より能力のある人が現れるのは

私の前に
自分より能力のある人が現れると
まずは防衛本能が働く。

「この人が私を脅かす」
「自分の出来なさをバラして、皆にバカにされる」
「負けるもんか。戦うぞ」
と思うクセがある。

最近はそう思った途端にソレを捕まえて自分で対処する。
それは自分の子供の頃に刷り込まれたことをベースとした、
歪んだ感情とつながった思考回路。
もう そう思う必要はないんだ、
と自分のインナーチャイルドみたいなヤツに
言い聞かせる。

〜 〜 〜

大体の場合、
目の前に現れた自分より能力のある人は
ほぼ100%
私の出来など気にしておらず
脅かす気にもなっていない。
100%いい人だ。

(たとえいい人じゃない人がいたとしても
それは相手の問題で、その人に何か傷がある。
私の問題じゃない)

考えてみたら、
私だって自分より経験の浅い人が現れたら
助けてあげたいとこそ思えど
この人を叩き潰そう
などとは思わない。

だから、すごい人が現れたら
手伝って貰えばいいんだ。

裏を返すと、
能力のない上司が
能力のある部下を叩き潰そうと思うのは
この論理の裏返し。

上司に意地悪されたら、
自分が能力のある証拠だと喜べばいい。

〜 〜 〜

物事は波動。
だから
自分より能力のある人が現れてきたら
自分の変革期。
変わってきた証拠。
自分が一歩、彼らに近づいてきたから
そのステージに上がった、ってことだ。

====================
==== 今朝の音楽 ====
====================

今日は
朝にもかかわらず、

なぜか  Sam Smith STAY WITH ME
しかも日本語のコメントが
いっぱい入っているバージョン。

Have a great day!!!

 

誕生時のトラウマをリリース

On December 19th, (書きたい事が多すぎて遅れてます)

ファイブリズム(ダンス)のクラスに行った。
そのクラスの、その日のテーマは「淋しさをリリースする」だった。
時々、ペアを組んで踊るが、今日の私は一人で踊りたいと思った。
自分の奥底に潜んでいる淋しさとか、どーでもいいや感を取り除く為に。。。

大好きな先生Joが「今日は他人の事は完璧に忘れて、自分のためだけに踊りましょう」と言った。

気持ちが通じたかのようで嬉しかったと共に、とある事に折り合いをつけ最後にしたかったので、これはとてもいいチャンスだと思った。

実は、産まれる前の記憶というか自分のイメージで、小さな男の子が宇宙かどこかに腰掛けて体育座りをしていて、目の前にあるトンネルの中を通るのを嫌がっていたイメージが幼い頃からあった。
自分の意志ではなく、どうして行かなくてはならないのか、行けと命令した神さまに少し腹をたてていた。

男の子は全身で細胞を閉じており、そのトンネルは産道であり、その子は「私」だという確信があった。(彼はそのトンネルで腰を打ち、私も同じように何度かそこを怪我している)

もういい大人だし、「産まれてきたくなかった」思いに折り合いをつけ心から幸福感を味わいたい。宇宙に腰掛けたそんなスピ系ファンタジーにつきあうのは最後の最後にしたいワケ。

インナーチャイルドかなんかワカランけども、今日はこの少年とドップリ一時間つきあって、この少年のために踊る事にした。

 ***

無理に彼の手をひろげるのではなく、ただ、彼のしてほしい事を察するようにしてみた。全てのアテンションを彼にあげて。。。
「私がしてあげたい事をする」のではなく「彼がしてほしい事」を探し、ダンスの中で与えた。

そして次の曲では、彼自身になった。
嫌な気持ち、困る気持ちを、踊りに託してみた。バカヤローと言えなかった事、地たんだを踏みたかった事、それを彼となって、リリースした。

踊って踊って、そのうち彼と私は統合して、
気がつけば、もう拗ねた顔はどこにもなかった。

おめでとう。

「産まれてこなきゃよかったよ」という重石が外れた。

 ***

クラスの最後に、今週お誕生日の人は輪の中に入り、皆で身体を持ち上げて全員でオームをとなえてくれる。20人のオームは細胞にしみ込む。前から絶対にして欲しいと思っていた。

「受け取る」事を全身でした。
ああ、うまれてきてよかったな。

もう、あの子は憂鬱じゃない。
もう、わたしは憂鬱じゃない。
どこかしらハスに構えていた私は、あの子の言い訳だったと思う。

あの子がもう笑っている今、
かっこ悪く、自分にチャレンジしつづけてもいいと思った。

HAPPY BIRTHDAY TO ME.
私をこの世に運んでくれた父母、ありがとう。
誕生日はそれを親に伝える日。

お父さん、お母さん、そしてそのまたお父さんお母さんたち、
命をつないでくれてありがとう☆
本当にありがとう☆

私、シアワセです☆