人は半年あれば変わる

「オッハヨー!!」

素っ頓狂な日本語が聞こえた。

ここはトレーダージョーズ、ウエストハリウッド店。

みてみると、バラのTシャツを着た、みたことのある
でも、小綺麗なゲイ男。

あれ?
ALEXだ〜〜〜!

「スッキリしたね!エナジーがすごくスッキリした」
と私は思わず言った。

「そうなの〜、すごく忙しくてね。最近ついにこの辺に引っ越してきたの」
とオネエ言葉。
 
 
 〜 〜 〜  
 
 
彼と初めてあったのは2年前。
パサディナで某アクセスバーズのクラスを受けた時、彼がアシスタントをしていた。
 
当時の彼はお金がなくて、髪もボサボサで、
住むところは、公共施設のシェルター(ホームレスが入る施設)のようなところに住んでいた。
 
私が5リズムで時々日本へ行くんだ、というと
僕も日本へ行きたい。君の5リズムのワークショップの時に
アクセスバーズでコラボできないか?と聞いてきた。
 
そして、日本の音楽業界を紹介してもらえないか?
とも言った。
 
彼はアニメおたくで、日本のJポップおたくで、
宇多田ヒカルの曲なんて、裏声でガンガン歌っちゃう。
確かに面白いし、キャラクター強いし。。。

そして、iPhoneのGarageBandで作った曲を聞かせてくれた。
「どこで習ったの?」と聞くと
「習ってない。音楽は自分にとってはとても簡単なコトなんだ」
と言った。

でも、歌と曲作りの才能はあるけど、
そういう人はいっぱいいるかもしれないし、
そんな時がきたらいいね、と柔らかく言ったが、
正直なところ、無理だろうな、と思った。
 
 
ウエストハリウッドへ来る機会があったら、ご飯食べにおいでよ、
と、アドレスを交換し、何度かご飯を食べにきた。

どうやって暮らしてるの?と聞くと
「僕はサイキックな能力があるから、スターバックスとかでタロットをやってると、人が集まってきて
くれて、それでお小遣い稼いでいる」と言う。
 
 
 
 
それから半年ほどあってなかったのかな。
  
 
で、トレダージョーズでの再開。

明らかに金を稼いだ模様。
かけていたサングラスがバージョンアップしていた。
 
IMG_1070
 
「で、どんなことが起こったの?」と聞くと
 
 
「ヒーリングもやってるんだけど、実は自分の曲がグエンステファニーに気に入られて、グエンのために曲書いてるの〜」
 
 

 
何を〜〜〜〜!
 
グエン・ステファニーだよ?
 
 
そして
「9月には日本へ行くの。日本のアイドルが僕の曲を歌うから。
 XX ってアイドル、知ってる?
 マサヨ、もし同じ頃に日本へ行くなら、いろんな人、紹介するよ」
 
 
  
もう、びっくり仰天だった。
 
 
 
とにかく。。。
 
 
 
私は学んだ。
 
人は半年あれば、こんなに変わる。
 
 
 
みんな、諦めたらダメだ。
諦めなかったら、ものがうまく回ったら、
たった半年でこんなに変わるんだ。
 
 
そして、何が大きく変われるきっかけになるかというと
 
彼は自分のことを信じていた。
自分は絶対に自分の夢を叶える。夢を生きる、と。
 
そして、彼自身が毎朝撮ってるビデオ
(実は私はキモイと思っていた)で言ってたのは
  
 
「もし僕がダメだろうな、って躊躇して
 芸能人(彼の場合グエンステファニー)に
 メール出さななかったら
 物事は始まってない。
 出しても、出しても、それでもダメなことはあるけど
 
 いい?出さなかったら、何も始まらないんだ」
 
  
その通り。
 
芸能人というところをいろんな単語に変えてみたらいいね。
 
 
 
 
アレックスの音楽のビデオはこちら。
超キワモノなので、ご注意を(笑)

広告

ウエストハリウッド会議

表現がエグいです。R指定です。

下ネタのお嫌いな方、
18歳以下の方、読まないでください。

==============
 
 
 
私は時々、自分の言ったことにビックリすることがある。
 
 
 
「あんたが言った言葉、ヒドかったけど響いたわぁ〜」

と近所の、妹のような男、ミチくんが言った。
(ブログに名前出しても可、本人了承済み)

「え?何言ったっけ?」

「あらやだ、あんた覚えてないの〜?
 じゃあ、教えたげる。アンタ、こう言ったのよ。
  
  
  〜 〜 〜
  
 
 ミチくん、いい事?
 アンタにオトコができないのはね、
 ”肛門にタンポン突っ込んでるクセに
 チンコ入ってこない、って文句言ってるようなモンよ”
 
 って、アンタ言ったのよ。
 
 
 ひっどいわ〜〜、と思って落ち込んだけど
 
 
 そんな落ち込んだ私を見て
 さらに追い打ちをかけるように
 
 ”もっと落ち込めばいい”
 
 って、アンタ言ったのよ。
 全く、鬼のようなオンナだわ〜〜?」
 
 
やだアタシったらそんな事言ったの?
ひっど〜〜〜い!
でも、その例え、ウマ〜〜〜い!
と私はゲラゲラ笑った。
 
もっと落ち込め、って言ったの?
ソレもヒドい話ね。
なんでそんなコト言ったんだろ?
 
 
ちなみに私は
こういう事を言ってる時は神がかっており
いわゆるチャネっていると思われるので
覚えてない。
 
 
「言ったわよぉ〜〜!
 
 なんでも、落ち込みを人のせいにしないで
 テメエで責任取れ、とか、そんなこと
 言ってたわ。
 
 まあ、おかげでしっかり落ち込んで、
 落ち込みから逃げずに
 それを感じ切ったからこそ
 そこから抜けられたし
 今はそれを感謝してるからいいようなモノの
 
 言われた時はショックで、
 ビックリしたわぁ〜〜。
 
 キツいこと言う時は、
 休み休みで お願いよ〜。
 
 
 一つだけ言わせてもらうわ。
  
 だいたいね、
 アンタはウエストハリウッド(ゲイタウン)
 のド真ん中に住んでるんだから、
 もっと近所のカマを大切に扱ってちょうだい!」
 
 
というわけで、今日はご近所さんを大切にすべく
ケイトの5リズムのクラスへ一緒に行って
シコタマ汗かいた後、
私が心を込めて納豆サラダそばを作らせていただき
 
(嘘よ!アンタにアゴで使われて
 納豆をコネたのはアタシじゃない?! 
 って声が聞こえる)
 
一緒にサラダそばを食べた。
 
 

そろそろハロウィーン

ハロウィーン、そんな時期だ。

準備してる時は 世の中でいちばん好きな季節。
準備できてない時は 世の中でいちばんウザい季節。

人間なんて勝手なものである。

自分の都合で相手や世の中を 好きになったり 嫌いになったり。
要するに、世の中の現象なんて、自分の心の鏡なだけだ。

で、今、ハロウィーンを好きになろうか、ウザいと思おうか、
その瀬戸際にいる。

数年前はゲイ友達、夫、女友達、みんな集めて
10人でエセきゃりーぱみゅぱみゅになった。
10人だと壮観なので、なんと全米ニュースネットワークのCNNからもインタビューされ
それが全米ニュースで一部流れた。

ちなみにいちばん左が私、その横が夫。

dsc_0009

あ、言っときますが、ウチはウエストハリウッド、
全米でいちばんデカいハロウィーンがある地域。

そりゃもう、数万人以上が集い、ヘリが空を舞い、地域は通行止め、
1000人の美川憲一や小林幸子が揃って行列するような
元旦の靖国神社状態になる。
ただ一つの違いは、全員、バケモノ。

どうしよっかなあ〜〜〜。

どうしよっかなあ〜〜〜。

ハリウッドの、ストリップのお姉さん御用達屋さんへ行って、
衣装を見てから決めよう。。。

ペイフォワード ウエストハリウッド編

ペイフォワード セドナ編から続く

セドナから帰ってきて、ケイトのクラスに出て、頭の中が真っ白になるほど踊る瞑想「5リズム」をした。ケイトのクラスに出てる人とはすぐに仲良くなる。自分の弱さ、強さ、醜さなど、全てさらけ出して踊る=非言語下での付き合いが本音だからだ。つまらないトピックで自分を装う必要もない。

そんなこんなで、時々仲良くなった人たちと一緒にお茶を飲んだり食事をしたりする。
今回も帰りにアービーズ(ウエストハリウッド)へ寄った。

ここは全米屈指のゲイタウン。このあたりで困るのが駐車場だ。

自分のコインをありったけ入れたが、40分ほどしか停められない。自分のカードは、旅行の流れで別のバッグに入れたまま家に置いてきて、紙幣しか持ち合わせていなかった。
時間が切れて赤ランプがつくと、速攻で切符切られる。えらい高いランチについちゃうワケだ。

「コインはないけど、私のクレジットカード使えば? これで入れておいで。でも、10時間分はダメよ」とソニア。

私は借りたカードを使って、さらに追加30分だけ入れて帰ってきた。

ソニアにカードを返しながら

「ありがとう。私の分は30分ぶんだけ借りたわ。でも、そこらへんに止まってる車のぶん、全部で20台、全部ペイフォワードしといたから。この先、いいことあるわよ〜〜」

と言ったら、ソニアがのけぞりながら

「マジで?」と爆笑。

「嘘よ。私のだけよ」

「ははは、でも、20台ぶん、40ドルくらいのペイフォワードだったら、実は安いもんだよね」

と屈託なくソニアは笑った。

===

実は、

大好きなお友達のかおりさんが、コーヒーなどを買うときに、ほんの5分停めるだけでも2ドル分のカードを差し込む。(本当は10セント:10円くらいで済むと思う)

「25セント玉入れたら済んだのに、もったいなかったわね」

と言ったら、ニコニコ笑いながら

「いやー、私が出た後、次の人がコイン入ってたらハッピーになるじゃないですか?2ドルで誰かが1日ハッピーになってくれるなら、安いもんだと思いません?」

と言ったのが脳裏に焼き付いているのだ。

それはとても素敵だなあ、と思った。

そういえば、時間が切れて赤ランプが点滅してるところに、25セント玉を入れてあげたことも何度かある。本当、お互い様なんだけどね、こんな風に、かおりさんがニコニコしながら言うのを聞くのは、とても心地がよかったんだ。

ほんの小さなことでできるペイフォワード。
それが日常の中に入ってるアメリカを好きだな、と思う。

田舎のネズミ、都会のネズミ

イソップ物語の中に
「田舎のネズミ、都会のネズミ」
という物語がある

私は生まれは田舎のネズミ
いまは
ロサンゼルスの都会中の都会
ハリウッドに住んでいる都会のネズミ

そのハリウッドでの一夜のこと。。。

===

私はたった今 その現場から戻ったばかりなのだ
そこにいたのだ
犬のキキとの散歩を終え、いつもは正面玄関から帰らないのに
この夜に限って今日はこっちだな と
マンションの正面玄関から入った

ゲートの鍵がキチンと閉まっていないのが不思議だったので
一旦は中に入ったものの、
後戻りしてキッチリと締め直してマンションに入った直後の事だった

若い女の子の叫び声が聞こえた
激しく何かを訴えていたが
最初はハウスオブブルースから出て来たファンが
喧嘩でもしているのだろうと思った
が あまりに続くので そのうち通報されちゃうよ と思った
彼女が何を言っているのかはわからなかった

しばらくすると
パトカーのサイレンがけたたましく聞こえた

4階の部屋から下を覗き込むと
先ほど私が入って来たゲートの前に
パトカーが次から次へと到着し
総勢で6台も来た

普通6台は来ないから
何かきっとあったのだろう

もし、私がゲートをしめなかったら
あけっぱなしだったら
事件はアパート内にも及んだだろうか?

もしかして
あの女の子が空いているゲートから入って来たとしたら
別な騒ぎが起こっただろうか?
それとも
入れない事で騒ぎ出したとしたら
原因の一旦が私にもあるのだろうか?

単なる偶然などないと知っている今
私はその事件のはじっこに間違いなく関わっている

いずれにせよ
私は自分の直感に従った
犬の散歩の時に
「なぜかそちらへ誘われるように歩き」
「ゲートの鍵が甘く半開きになっている事に気づき」
「しっかりと鍵をしめなおした」
その3分後 そのゲートで
女の子が叫びだしたのだから

ビルの谷間にサイレンの音と女の子の叫び声が
キンキンとこだました
そんな夜

確かにここは危険もいっぱいあるかもしれない
だけど 人間らしい出来事がいっぱい起こる

こんな夜 パトカーの音をききながら
泣いている女の子が心配になって
彼女がもし寒がっていたらと
捨ててもいいようなジャケットをあげるつもりで
片手にもって 下まで見に行った

おまわりさんに
「だいじょうぶですからお部屋に帰って下さい」
と言われ 女の子の後ろ姿を見ただけで
部屋にまた戻って来た

それを触れ合いと呼んでいいのかどうか
わからないけれど
その子が助けてと言っているようで
下へいかずにはいられなかった

おまわりさんたちの拍子抜けするほど
やさしいエネルギーに触れて
納得して部屋に戻って来た

コーヒーを煎れながら
ウエストハリウッドも悪くない
と思った
そういう事も含めて私はここが好き

なんだか人生ってヤツを
愛おしく思えた

「町のネズミ田舎のネズミ」という物語では
町のネズミは町を誇り田舎のネズミを招待するが
いざ食べようと言う時に人間が入って来て追い払われる
都会は危険がいっぱいだ やっぱり田舎がよかったよ
というストーリー

だが
何が悪い 何がいい ではなく
人生というのは物語
たんなる物語

いい は 悪い にひっくり帰り
悪い は いい にひっくり帰る
オセロのようなもの

町のネズミも悪くない
町のネズミの心細さとか繊細さとか
そんな事すべて

あの女の子は今 どうしているのだろう?

あの女の子も わたしと同じ
騒ぎを聞いた人たちも わたしと同じ
ポリスの人たちも わたしと同じ
たくさんの物語がある ひとりの人間だ

愛しい人たちよ
それぞれの物語を胸に
ゆっくり眠ってね

【踊る瞑想: 5リズム 日本でクラスならびにワークショップします。

CCiOimmUsAA2_0z

笑顔の街

普通の都会では、無表情で無機質にすれ違う。
難しい顔をしているのはまだ表情が出てヨシとして、大概が目を合わせない。

私の住む町は、カフェやレストラン、クラブ、各種の商店が軒を並べるせいもあってか、道行く人がハロー!どう、元気?と声をかける。カフェのウエイターも目が合えばにっこり笑う。
笑顔で元気をもらえたり、人に元気を与えたり。

この街、ウエストハリウッドは1984に「街」として設立された、世界で最初のゲイタウン。LGBT (Lesbian同性愛・女, Gay同性愛・男, Bi-sexualityどちらもオッケー両刀, Transgender性転換者)を差別しない事をかかげた街。まず最初にはじめたのが「レント・コントロール(家賃、賃貸しに対する規制)」。多分、多くの大家が、その昔、ゲイにはアパートなどを貸さなかったのだろう。それらを賃貸しの方向から「差別しない」法律を作って独立した街。

ちなみにアパルトヘイトの南アフリカとはビジネスをしない協定も街が持っており、街を繋ぐシャトルがあり、シニアや障害者は無料&タクシークーポンも出している。「ゲイ差別」だけでなく、様々なところに存在する「枠」をとりはらう事に一生懸命な街。(上記情報提供 West Hollywood Magazin)

というわけで、ここはゲイの人が多く住む。
そして、住んでいる人の80%以上が男性(生まれたときの性別ね)と思われるが、多分「女役」の人のほうが多いんじゃないかと思う程、可愛い系の男性が圧倒的に多い。また、レズビアンであろう女性達は思ったほどにはみかけない。

トム(夫)が犬の散歩へ行くとき、私がゆっくり歩くと、10mほど先でトムがハントされかかっているのを何度目撃した事か。

とにかく、世の中のカワイイ男性が集結しているといっても過言ではない上に、驚く事に彼らは常に笑顔なんだ。普通にしててもハンサムさんなのに、笑顔を絶やさない。それは自分のベストの顔を知っているとも言える。信号待ちひとつでも、目が合うと微笑む。犬を見て「可愛い犬ね」と言い合う。
彼らは「笑顔の魔法」をよーーく知っている。

今はそうやって楽しく生きていると思うが、思うに辛い事もあったかもしれない。負けないぞ、って思ったかもしれない。心の中に傷を負っている人たちだっていたかもしれない。だからこそ、あんなに可愛い笑顔を見せられるんじゃないかと思う。人間は幅だから。良い事だけではない、幅だ。笑顔のいい人はそれだけマイナスの幅だって深く知っていると思う。勝手な推測ではなく、それは物理だと思う。氷山の一角とも言うし、白鳥の水面下とも言う。

カフェやレストランへ行くと、お昼ご飯はまるでサラリーマンの集う丸の内ほどの男性女性の比率だが、丸の内との圧倒的な違いは、美しくオシャレな事と皆が笑っている事。「うだつのあがらない男」に見える人はあんまり居ないんだ。皆が楽しんでいる。

ああ、彼らはこの街では守られてるんだ、本当の自分でいいんだ。だけど、外の世界では大変だったんだろうなあ、と思ったら、そのパイオニア精神と、笑顔の奥の人生模様が怒濤のように押し寄せてきて、涙が溢れ、胸が押しつぶされそうになった。「生きててくれてありがとう」って本当に思った。

そうそう、明日は この街でエイズウォークがある。
ミュージカル「レント」を演じて共感したという、キッズミュージカルの子供達(舞台の写真を撮らせてもらっている)と、去年同様歩く。

共感して下さる方、一緒に歩いて下さる方、募集!