シャーマン、ウソつかない

5リズムの、私の師匠。
彼女の方が年は下だけど、私が勝手にメンターだと思っている人。
私を突然、壁から突き落とす、ライオンの父親のような人。
(比喩です。イキナリすごいクラスを代講させたりする)

魂がロック。髪型みたらわかるよね。

そして、彼女はシャーマンだ。
エネルギーを読み、エネルギーを指揮し、
人に何かを植えていく人。

彼女が言うのは

「私はウソつかない。隠すものがない。
 だからあんたたちより強いのよ」

 例えば、
 ワキガだとするでしょう?
 (と、いきなり、たとえがすごいのがケイト)

 隠そうとして、隠そうとして
 いろんな芳香剤をつけて
 ダンスへ来る。

 汗と相まって余計にひどくなる。

 それより
 ”私、肉も食べてないのにワッキーなの”
 って、言っちまったほうがいい」

と。。。

自己開示もこれと同じだけども、
隠さない、開く。
言い訳しない。
ウソつかない。
しっかり感じる。

========

その、ケイトのインタビュー

「身体に存在する」

(意訳)
私たちは 誰もがみんな、「身体を持っている」のに
「身体に繋がってない(身体の中に存在してない)」ということに私は驚くの。

ムーブメント(ここでは5リズムのこと)をやって動くと、
身体にバッチリつながる(身体の中に存在する)からクールなのよ。

私たちは(他のことに夢中で)どこにも繋がってない。
「脳の中にも存在してない」から考えるキャパシティもないし
「ハートにも存在してない」から感じられなくて、思い通りに振る舞えないし
「腹にも存在してない」から直感も信じられないし
「足にも存在してない」から右か左か、今逃げるか飛ぶかの状況かもわからない。

「身体の中に存在してる」ということは
身体全てのポータルの情報が「目を覚ましている」ということ。
イキすぎて覚醒放電ってことじゃなく、
私たちは動物だ!ということ。
もっと環境に敏感に反応していくべきなの。
今日はどんな日なのか、しっかり感じていくこと。

人は自分の身体の中に存在することをすごく恐れている。
私たちが持っているものといえば実は「身体のみ」なのに。
本来全ては体を持って経験することなのに。

身体から逃げるいい例がニューエイジの人たちの「過去世は?」ってヤツ。

そうそう!
ガブリエル(5リズム創始者)が言ったことを思い出すわ。
「もし過去世って概念が大きな冗談だとしたら、恥ずかしいと思わない?」って。

その時 あ、ホントだ!って思ったの。

だって、「今」に存在すればいいだけなんだもの。
「今」以外には 何もわからないことなんだもの。

広告

言い訳しない

ここ最近、この1ヶ月ほど
自分に決めたことがある。
それは、毎日文章を書く、ということ。
だから、コレを書いている。
長いから読む人、大変だと思うけど、
読む人のためじゃなく自分のために書いてる。

そしてもう一つ。
ここ最近、と言っても、この1〜2年だけど、
一つ決めていることがある。

それは

言い訳をしない

ということ。

ウソをつかない、にも通じるけど、
言い訳をしない。

ようするに
「てめえのケツはてめえで拭きましょう」
ってこと。
全て自己責任であり、全て自分が起こしたことであるということ。

それは、病気もケガも含めて。
それは、夫も友達もお客さんも含めて。
それは、片付かないウチも含めて。

全てが私の投影であることがわかったら
言い訳してるワタシがバカでしょ?

私、バカは嫌いなの。

それでも言い訳する時ありますが
それでも甘えちゃう時ありますが

自分の嫌いなバカになりたくないので
言い訳はしないの。

言い訳しない分、全部責任とって「できる」とか「治す」ということではない。
私は相変わらず片付けが下手だし
夫はそれ以上に散らかして片付けが下手だし
相変わらずいろんなことにハラ立つし

だけど
言い訳をしない、ということを頭にインプットしてからというものの

自分が楽になった。
やることは増えても自分が楽。

たとえ以前言った悪口がバレても
「あんた、悪口言ったでしょ?」
「言った」
それでいいと思う。

「どうしてこうできなかったのか?」
「だって〜、〜〜が〜〜で〜、〜〜だから、しょうがないじゃない?」
じゃなく

「自分が(自分の意思で)やりませんでした」
と言う覚悟。

しょうがない、で人生を生きたくなんかない。

Have a good day!!