怠けモノの化粧水

LAに来て この10年、化粧水を買った事がない。

使っているのは、ベジタブル・グリセリン ベースの手作りの化粧水。
ベジタブル・グリセリンに、肌にいい精油を入れ、水で薄めるだけ。
それに時々フルボ酸を入れる。もしくはフルボ酸は後で塗る。

怠け者なので基本的にはノーメーク。
メークをするのはハロウィンくらい。
肌を甘やかし(いいものを塗る)も酷使(化粧して毎日落とす)もしてない。プラスマイナスがゼロなので、それでも案外大丈夫なのだ。

化学物質があまり好きじゃないので、基本、口にしても安全なモノにしている。
米ぬか、オリーブオイル、アボカド油、ココナッツ油、ハチミツ、ヨーグルトなど、食品スーパーには肌にいいものがいっぱい。
選べるならオーガニック。

▶ ココナッツオイル
洗顔、またはお風呂の後、軽くタオルドライし、湿っている状態で速攻ココナッツオイルを塗る。通常は固形だが、確か30度近辺で溶け、肌にはスーっとしみ込む。風呂上がり用タッパーに入れておくと便利。
髪の毛の整髪料代わりにも使えるが、どことなくタイ料理な香りが漂う。

▶ オリーブオイル
お風呂上がりの濡れたままの身体にオリーブオイル(肌にいい精油を数滴たらしたものをあらかじめ作っておいてもいい)をつけて、タオル地のバスローブを身にまとう。肌の乾燥を防げる。
その昔、市販のベビーオイルでやっていたが、コチラに慣れると、より安全な感じがする。

▶ ごま油
アーユルヴェーダではごま油は有名だが、本来使用するのはローストしてない特別なものらしい。私はカドヤのごま油を寝る前に使ってしまったので、主人曰く「一晩中せんべい臭かった」と使用禁止例が出た。

▶ 秘技、エコ的ミルクバス
あまった牛乳、または空に近い牛乳パックを洗う時に、バスタブで洗い、牛乳分を肌にしみ込ませる。

▶ きゅうりと乳酸飲料
すりおろしたきゅうりを顔に塗ってパック。
その後、ヤクルト系乳酸飲料で顔を洗う。これ、近所のコリアンタウンのアカスリの後、やってくれる。
ご家庭でやる時は排水に流さないように注意。

基本、潤いと栄養を与えて、オイルでカバーをする。
これが基本なんじゃないか、と。

多分、輝く時は中から輝くんじゃないか、と。 または気合い。

思うに

肌も髪も、食べ物も、お顔のお直し(整形など)も、、
ケアしない派なら、完全に自然派で行くか
するならめっちゃ高いケア(何度も)するか。

どちらかが、結果がいいと思う。

ただ、あまり固執する場合、
双方ともに、その正確の厳格さが肌(食、顔など)に出て、
かえってヨロシクないような気もする。

いい加減でいいみたい。

▶ 私の化粧水のレシピ(150ccくらいのボトルの分量)

 ベジタブルグリセリン ボトルに10ぶんの1
 精油 フランキンセンス 5〜10滴
 精油 ベチパー     5〜10滴
 精油 ローズマリー   5〜10滴

これを振って混ぜ、そのあと水を入れるだけ。
塗る前に よく振ってから塗る。

身体にもドバドバ塗れる。
保存料が入ってないので、ドバドバ使って早めに使い切る。

お好きな精油(エッセンシャルオイルともアロマオイルとも呼ばれる。セラピー等級でヨロシク)を入れたらいいけれど、柑橘類系だけは肌につけるものに入れるのは禁忌。日に当たるとシミを促進する。業界の常識らしい。

Call Me Maybe

トレーダージョーズはオーガニック系のものを割としっかりおいてある安いスーパー。うちの食卓に並ぶ7割はトレジョ(と日本人トモダチの間で略している)で購入。

近所に車で10分の距離に2件あるので、とても助かっている。

そのうちの一件は「組合トレジョ」と勝手に呼んでおり、ゲイタウン、ウエストハリウッドのド真ん中にある。

もう一件は、サンセットブルバード、元のバージンレコードの跡地。
バージンレコードの壁のペイントやレイアウトを生かして、エレベータには80’sのレコードカバーが所狭しと張られ、野菜とかが売られている上にダイアナロスがいたり、チップスの上にプレスリーがジャンプしていたり、マイケルジャクソンの前にワインが山積みされていたりする。
そして、駐車場にはジミヘンとかビートルズが、エレベータ前にはチャップリンが大きく描かれている。

この、元バージンレコードトレジョを「ミュージックトレジョ」と勝手に呼んでいる。LA Weeklyなどでもとりあげられた「個性的なお店」の一つになっている。
日本からのお客さんは、ほぼ必ずここへお連れし、iPhoneで写真をとるポイントとなっている。

いつもは組合トレジョへ行く事が多いのだが、今日はリーストラスバーグシアターでの撮影の帰り道にあるミュージックトレジョへ行き、買い物をした。

レジに並んでいると、BGMにCall Me Babyがかかった。
CALL ME MAYBE
ご本家 Carly Rae Jepsen

まあ軽いポップなんだけど、身体が思わず動いてしまうような、そんな音楽なワケで、気づくと私は、ちょっと小さく身体を動かし、膝と腰でリズムをとっていた。

体の中に音がすんなり入ってくるこの癖は、ダンス(ファイブリズム)をはじめてから、なおさら強くなった。だから、音がかかるとじっとしていられないのだ。音がなると、勝手に音に反応してしまうのだ。

なんだか近くから音が聞こえる。
耳をすませると、前から生の声で小さく「♪Hey I just met you, This is crazy but here is my number CALL ME MAYBE」と歌詞を口ずさむ音が聞こえた。誰だろうと見回すと、レジを打つお姉ちゃんだった。

私とお姉ちゃんの目が合い、彼女も私の身体がリズムをとっている事に気づき、ニヤリと笑い、小さく歌っていたのを、やや普通の声に近づけた。私も、バレないくらいのリズムとりから、もう少し大きく、リズムを刻んだ。
二人が一つになる瞬間(笑)

それを見ていた後ろに並んだ女性が、やっぱり歌いながら一緒に体を動かした。3人は目を会わせて笑った。

すると、その後ろにきた頭バーコードのおじさんが「お!コールミーベイビーじゃないか」と私たちを覗き込んだので
「とまらないのよー 勝手に動いちゃうのよー」と言ったら
「わかるわかるーー」と、おじさんも一緒に動き始めた。

「このまんま店中が踊ったら面白いね!」と私が言ったら
「ほんとだ、そしたらGLEE みたいだな。」
とおじさんが言い、レジのラインに並んでた人が皆、笑った。

私のレジのお姉ちゃんは、いつもだったら駐車場のチケットを私に返し「あそこで自分でバリデーションもらってきて」と言うのに、
コールミーメイビーを口ずさみながらお尻をプリプリ振り、踊りながらバリデーションをもらいに行ってくれた。

「ありがと〜〜ん♪ 楽しいね〜〜」
「ほんとだね〜〜ん♪」
「ほんと、楽しいねえ〜〜」

私が並んだトレジョの列はコールミーメイビー一色で、心が一つになった(笑)

「じゃ、帰るねー。いい一日をね〜〜〜♪」
「バイバーイ」
「いい日をね〜!」
と私が帰るときには、列全員が大きく手を振ってバイバイしてくれた。

友達同士で一緒に楽しく踊っていたワケではない。
赤の他人なのだ。
しかも、後で気づいたが、皆30代より上。30〜50代がCall Me Maybeで熱く一つに!(笑)

さすが、ミュージックトレジョ!!
そして、ますます確信。

音楽とダンスは世界の共通語。

みんなをハッピーにする♡

=====

Call Me Maybe カバー

ローラの くちパクバージョン

Ben Hawardのカバー (これはスゴい!)

Punkというか、Scream いわゆる叫びカバー (これもスゴい!)

COOKING HIGH!

English text below.

毎週日曜日はファーマーズマーケットへ行く。

オーガニックのスーパー、Whole Foodsのオーガニック度があまり高くない割に(値段はバカ高い)中国産のものをカリフォルニアブレンドなどとして売っている事を調査されたabcのニュース(放映は2008年の8月)を見たもんだから、

http://www.youtube.com/watch?v=JQ31Ljd9T_Y

ますます農家の人の顔を直接見ながらお買い物ができるファーマーズマーケットが欠かせなくなった。

友人のマークは「ファーマーズマーケットは僕の日曜礼拝チャーチだよ」その心は「エンジェルがいっぱいいるから」。それは野菜やお花の天使なのか、奇麗なねえちゃん(もしくは兄ちゃん?)が行くからなのかは謎。

ほうれん草、ローマンレタス、いちご、トマト、アスパラガス、チンゲン菜、紫小ジャガイモ、セロリ、ブロッコリー、赤パプリカ、アボガド(気がつけばほとんどが”陰”の素材!)&肉肉星人ロバートのために舌平目、などなど。
買って来た野菜を見ているとハッピーになれる。

それらを使って朝からのべ、これだけ作った。

*野菜スープ&レンズ豆、カレー味の野菜スープ
*まるごとポテトサラダ
*トマトとアボガドのサルサディップ
*怒りん坊のブロッコリー&ポートベロマッシュルーム
*プチトマトとアスパラのスパゲティ
*舌平目のマサラソース焼き

全部スクラッチから。スクラッチとは、いわゆる市販のルーやダシは一切使わない。必要なら小麦粉を炒めてルーを作り、自分でダシを引き、マサラソースも自分で調合する。まるで男の調理場、お父さんの趣味の日曜料理のノリだ。(一応、私、現世では女ね)
ウチに来てくれた延べ人数は7人。

料理を作っているときはハイになれる。野菜たちと話しながら作る。話しながらゆでる。野菜は「あと3分で火を切ってね」とちゃんと教えてくれる。私の気がフレているのではナイ。集中しているとそれくらいわかる。

以前の私の料理はサササっとスピード勝負、気合い一発!勝負の料理だったが、最近はじっくりと心を込めて切る。刻む。煮る。野菜の背景にある畑や摘んでくれた人の顔を想像しながら作るのが楽しい。すると、勝手に感謝が出て来る。

私がいい人だったり、ありがとう教だというわけではない。だが、実際、自分でさやえんどうも育てられない人間が、こうやって豪華な食事を作るために色とりどりの野菜を刻ませてもらうと言う事は本来ならばありえない(有り難い)状況。そういう感覚は料理にエネルギーとして入るのだと思う。

最近のマイブームは作ったらすぐに片付ける、食べたらすぐに片付ける(学ぶのが遅すぎ!)、なので、これだけ作っていると結局一日中立ちっ放し。さすがに腰が痛くなった。

飲食業をやっているお友達がたくさんいるが、すごいよー、エラいよー。愛がなきゃ出来ない。尊敬する。

これ、お友達&知人のお店。それぞれの愛情が美味しい。

J’s KITCHEN – ベニス、アボットキニー
: シャキッと美味しいマクロビは身体が喜ぶ。
  オーガニックへのこだわり。出汁はスクラッチから

MURAKAMI – ハリウッド
: ベジ丼もある。魚が新鮮でこの値段!チラシの帝王。

SHEED – ベニス
: マクロビ。元フレンチシェフのバーガー系が美味しい。

Fresh In The Box – マリナデルレイ

NAGAO – ブレントウッド

==============

We usually go to the Farmer’s Market. especially after watching this video about Whole Foods (on air was August 2008) they named Organic California Blend but the reality, was product of China. I don’t know they changed or not.

http://www.youtube.com/watch?v=JQ31Ljd9T_Y

anyway, we will go to the FM more often than before.

our friend Mark says “FM is my Sunday Church. because, there are a lot of Angel” I don’t know Angele means the Flowers or Girls, even Boys.

Today, I cooked Veggie soup with rentals curry taste, Sunny side up, toast, Purple Chunk Potato salad, Tomato & Avocado salsa dip, Spaghetti with cherry tomato & asparagus, Angry broccoli with Portobello Mushroom (aglio olio) and Sole Masala Sauce.

made from very scruch even Masala or Veggie Broth.

when cooking, I can be “High” or “stoned” kind like a medium. I can hear the voice of Veggies “stop the oven now!” or “2 more minutes!” I m not crazy. just if you are very very concentrate something (especially with fun), everybody can be a kind of medium.

I used to be a serious cooking person with high speed and proud of that so much. but I was changed. now I cut veggies gently, kind of slowly. looking through the farmer’s face into the veggies. I even can not raise the Tomato or Green pea. even that is their business, really grateful. this is the good point of shopping from Farmer directly.

BTW, used to be very lazy about mending but recently I m trying to clean up A.S.A.P after the cooking & eating. so, when I cook such a lot, almost no time to sit down. my lower back says “TIRED!!”

I have some friend who owns restaurant and professional Chef, really respect them. without love, can not do this.

Those are my friend’s restaurante which I recommend. mostly cafe style and good for carryout.

* J’s KITCHEN -Venice Abottkenny

* MURAKAMI -Hollywood

* SHEED -Venice

* Fresh In The Box – Marina Del Ray

* NAGAO -Brentwood