思い癖とクローゼットの中

私たちは たくさんの思い込みがあって
たくさんの思考システムからなる自分の常識がある。

生まれた国によっても大きく異なるし、
親からの影響、地域からの影響、育ち方によっても違う。

同じ環境でありながら兄弟姉妹で反応が違うこともある。
受け取り方によって 「思う」「感じる」が違う。

同じ場所(学校など)で同時に複数人が叱られたとしても

「本当だ、自分が悪かった」「自分は悪くない」
「次回から気をつけよう」
「ありがたい助言だ」
「それは違う!」
「しまった。しくじった」
「怒られて悲しい」「怒られて悔しい」
「恥かかされた」
「チッ、うっせーな」
「あ、怒ってる怒ってる!」
「そういう見方もあるんだー」
「これくらいで済んで良かった」
「お腹すいたなあ」
「怒る声、キモっ!」

など、様々な感覚の違いがある。
個人の「思い癖」により、反応が変わる。

そして「思い癖」は、様々な要因の影響で出来上がっている。

それらの思いや、思いからくる感情を流そうと
人は問題に向かい合ったり、クリアリングをしたり、
5リズムなどのダンスをしたり。

ああ、一枚脱げた!開いた!と喜ぶが
それらは数十年生きてきた
レイヤーの「重ね着」をしているようなもの。
だから、
ゆっくり ほどいて、ほどいて、ほどいて。。。
裸になるまでほどいて。。。

だけど、また新たなレイヤーをまとう。

そのレイヤーは、
なぜか馴染み深いものなのだ。(笑)

・ ・ ・

自分のクローゼットの中と同じ。

断捨離して、捨てても、捨てても、
結局また、似たようなパターンのものを買う。

それには善悪はない。

ただ、それを知ること。
まずは、それを知ること。
自分の嗜好性、癖、趣味、パターンを知ること。

それが自分という変幻自在な洋服を着て
世の中と折合う
賢い生き方の第一歩だ。

だから、踊る。
着たり脱いだりするために、
緩めるために、
私は、踊る。

===

 
エネルギーは波となり、
波はパターン(癖)となり、
パターンはリズムとなる。
人間も然り。
エネルギー、波、パターン、リズム。
それ以上でも、それ以下でもない。

(人生という) ダンス。

ー ガブリエルロス(5リズム創始者)

651250

4年前の10/22に亡くなったガブリエルに合掌。
全身とハートの底から感謝。

広告

正しいOKの使い方 2

1から続く

さて、銀行の窓口でいつもと同じように

「How are you?」と聞いたら

「Im OK」というので、

「あら、オーケーだなんて、どうしたの?」と聞いた。

するとその彼女が

「頭痛がするの。今日はお天気悪いでしょ?気圧のせいだと思うけど、耐えられない」

と言った。

 

「ホメオパシーのアルニカって知ってる?」

そこから私はホメオパシーの説明と、アルニカの説明をした。

ホメオパシーとは、波動の砂糖玉であること。Wholefoodsで買えること。ケミカルじゃないのであらゆるお薬と一緒に飲んでも大丈夫なこと。

歯を抜いた後、ドクターが「強めの痛み止めを3時間おきに飲めば大丈夫でしょう」と言ったが、ちょうどアルニカがあったので、痛くなるまでアルニカで我慢しよう、と思ったら、なんと全然痛くなく、アルニカだけで乗り切れたこと。

夫が20針縫って、麻酔が切れた頃痛くなるからと、痛み止めをもらったにもかかわらず、アルニカのんだら、痛み止めを飲みわすれた事などなど。

「あら!それスゴイわ!ありがとう!スペルは?」と彼女は喜び、帰りに買って帰ると言った。

とはいえ、その時間は午前中。

「それを買うまでが辛いわね。じゃあ、呼吸法を教えてあげるね。痛いところの色とかカタチを想像して、痛いところに人格を与えるの。その人格に大きく”白い、輝く呼吸”を入れて。そして、吐くときは、汚い色が出ると思って、それを繰り返すといいわ」

ガブリエルロスも、このようなことをやった、と5リズムのバイブルである本に書いてある。

私も、これは20歳代からずっと使ってきた。そして、昨今の5リズムでさらにその認識を深くしている。

 

銀行の窓口の彼女、必死で、呼吸をする。

何回も、何回も。

「これ、いいわ!なんか効いてる感じする!ありがとう〜!”」

窓口の中で何度も何度も「ふ〜、ふ〜〜」と言いながら「白い光」を吸っている彼女がいた。

===

 

「How are you?」

「I m OK」

「OKってどういうことよ?どうしたの?」

から始まる会話。触れ合い。

こんな1日も悪くない。

愛だの光だの闇だの

ドップリ風邪ひいた。

大概身体に変調を来す時というのは、何かが心の中にあって、それを声で言えない場合、それを表現できない場合、どこかが肩代わりして出る事が多いように思う。

ガブリエルロスが亡くなって以来、私は思ったよりも落ち込んでいた。
彼女ほど、「黒」の似合う、ロックなスピリチャルリーダーを見た事がない。
彼女の素晴らしさは、闇をしっかりとかかえて、それを享受しているところ。
闇が深いから愛が濃い。

ガブリエルが引き金になって自分のジェラシーだとか恐怖だとか競争心の強さを見たのか、昨今まれにみるヤな感情、「ちくしょう!」という感情が、内臓の底からこみ上げて来た。

「もう、愛だの光だの言ってられっかよ!闇で上等じゃんよぉぉぉぉぉ!」
と開き直り、思い切りソレを出す事に決めた。
   ・
   ・
ところが、
怒りを出していいよ、という許可を与えると、怒りがスーっと消えるのだ。

うーむ、、、物事はレイヤーになっている。

魚を焼いて煙が出ると火災報知器がなるのと同じく、何かを出そうとすると、よくも悪くも邪魔が入り、スプリンクラーが作動して結局魚が焼けず途中で終ってしまったりするアメリカの魚に不親切な社会に似ている。
(例えが焼き魚、、、そうなんです。アメリカ、焼き魚しにくい環境なんです)

闇を受け入れたはいいけれど、その大きさに圧倒され、今そんなんしたらエライ事になるで!という状態で停められ水をかけられ、噴き出すところがなく、いきどおっていた。

だいたいねーー

愛だの、光だの、闇だの、影だの、
分けるのヘン!!

光があるから影が出来る。
全部一体!

「いえ、光しかない世界があるのです」

あるかもしんないけど、
光しかないような世界へいったら、まぶしくって目あけてらんないんだよ〜。

そんな世界、死んでからいくらだって経験できるんだから、
生きてるんなら今のうちに
しっかり闇とか影をちゃんと経験して、楽しんどけっつーの!!
    ・
    ・
    ・
はい、闇も楽しむ事も、外へ吐き出す事も出来ずに、
自家中毒をおこし、
しっかり風邪ひいた、っちゅーわけです。
    ・
    ・
あーーーー、情けないーーーー!