クロアチア郷愁

なんだかちっとも怖くないのだ。

私が強くなったのか、年をとったからなのか、その両方を兼ねているからなのか、それでもクロアチアはとても懐かしいのだ。

10日間のインテンシブなワークショップの間も、仲良くなって話し始めるのはクロアチアの人。

エネッサが言った。
「カリフォルニアへ行ったことがあるの。とってもビックリしたのは、皆が笑いかけながら”元気?”って聞いてくる事。初めて会って、好きかどうかもわからないのになぜ笑うの?そして私が元気かどうかを何故言わなくちゃいけないの?」

思わず笑ってしまった。

クロアチアが私にとって楽なのは、笑わなくていいという許可を得た気になるから。もちろん、笑ってもいい。でも笑わなくてもいい。自分の気持ちに正直でも、誰も責めない感があること。

そして、顔が、ヨーロッパ系なんだけど、なんか懐かしいと思ったら、うちの母方の親戚の雰囲気に似てるんだな。ちょっと困ったような、拗ねたような、ツンとしたミックス。それは笑顔満面で姿勢正しいアメリカ系にはありえない体型、顔立ち、雰囲気。

トラムとバスを乗りこなし、交通費はかなりセーブできている。ここの公共交通機関は最高。

キヨスクで買うチケットは4クーナなら30分以内乗り放題。それを10枚たんいで買って、乗車時にパンチインするだけ。

そもそも空港に着いた時に迎えに来てもらったバンは25ユーロだった。3000円くらい。
帰りは空港行きのバス停が近かったので、バスで行くことに。。。

クーナを使い果たしてしまって、しかも最後のコーヒーを近所のカフェで飲んだので手持ちが30クーナ(500円くらい)を切っていた。
足りるかな。。。ドキドキしていた。
いざとなったらユーロで払わせてと交渉しよう。。。

バスに乗ると
英語の通じない運転手さん。
エアポート?エアポート?と言いながら手で翼を作り、運転手がうなづいた。

中には教会の尼さんものっていて、彼女が翼を作ってうなづいてくれた。

いくらだ?と
財布の中をぶちまけると、運転手さんは4クーナのチケットを2枚取って、これをパンチインしろ、と。

えーー!空港まで20キロ近くあるのに8クーナぶんだけ?
120円くらいだよ?

なんだかとってもドンブリ勘定なクロアチア。
そこも私と似ている。

ニコニコ笑う尼さんの斜め横に座る。
40分くらいで空港へ着く直前に、尼さんが指差して教えてくれた。

私はあと2枚余った公共交通機関の4クーナのチケットを尼さんに差し出すと、首を横に振ったが、腕を翼にするジェスチャーをしながら「私は帰るから」と伝えると、クロアチア語でお礼を言いながら笑って受け取ってくれた。

周りにいた人は微笑んでいた。

空港でチェックインしようと指定の場所(ブリティッシュエアウエイズ)へ行くと、ウチは提携してるだけだからクロアチアエアラインへ行け、と言われる。
言われた通りクロアチアエアラインへ行くと、さっきのところを指差されてあっちだ、と言われた。

こういう時、時間があると自分に余裕があるので、笑いながら
「だって、あっちから回されてきたのよ。どっちが正しいの?」と聞くと
「僕のいうことがあっている。ヤツらが間違ってる」という答え。

爆笑しながら
「いいわあ、クロアチア!」
とカウンターを一旦後にした。

ああ、ヤバい。
私はクロアチアに恋してるかもしれない。

やりたいことは絶対にやる

スライドショーには JavaScript が必要です。


 
昨日のブログにも書いたように雨のザグレブ。
「構わない。雨でもいく。何があってもいく」
 
友人の二人からは曖昧な返事が帰って来たが、それは彼女たちの問題で、私が行きたいかどうかは別なコトだから自分の気持ちに聞いた。
 
行きたい。いく。絶対にいく。
 
雨の準備を全てして、2時間寝ただけで出発した。バスの中でねればいい。
 
バス乗り場へつくと、またまた英語が通じないので、ゼスチャーや文字を書いて見せて、ここへ行きたいのだ、というと、すんなりバスのチケットが買えた。
 
ネットで調べたガイドがとても的確で、ありがたかった。
そして、なるだけ早く準備をするように、と、
それにしたがってサンドイッチを買って水を持って、段取りよくバスターミナルへ行ったが、買った切符は10分後出発。ありえないほどラッキーだった。
 
ターミナルのトイレは入口がコインになっていて、クロアチアのおばあちゃんと一緒に四苦八苦しながらトイレに入る。朝から笑った。結局、おばあちゃんは自分が払わず、私と一緒に一気にドアをすり抜けたかった模様。
 
バスに乗ると、早速眠くなり、爆睡。
トイレに行きたくなるのもいやだから、爆睡でちょうどよかった。
 
いよいよ第一エントランスへ着くが、他の西洋人観光客はエントランス2から入るという。
私は日本語ガイドを見ているので、絶対に1から入る、とキバった。
 
すると、もう一人私を追いかけてくる人、全く英語もクロアチア語もドイツ語も話せず。
 
エントランスで切符を買うのも四苦八苦していた。
 
私は少しだけ手伝ってあげたが、彼女は知らんぷりをしていた。
が、なんども会うし、なとなく聞いてくるので、肩を組みながら、一緒に行こう!というと彼女は心を許したようだった。
 
ロシアのナタリアという女性だったが、彼女は目的志向なので、先へ先へと進む。
私はゆっくりしたいので、途中で別れた。
 
買って来たサンドイッチを頬張りながら歩く。
 
雨は全く降らなかった。
あんなに天気予報はクロアチア中落雷と雨なのに、ここだけ降らない。
 
私の「行きたい!」気持ちはお天気に勝った。
 
 
さて、ここはもう、言葉にならないので、写真で。
 
 
自分のビデオも撮りたかった。
 
が、中国人団体観光客がとても多くて、とてもじゃないけどビデオが撮れる雰囲気じゃなかったのだ。
 
だが、私の中の何かは
「焦らないで自分を信じてたらいい」という。
 
 
ハラを信じて歩く。
 
すると、サーーーッと人の気配が引いたり、人がいない場所に当たったりで、
いくつもトライができた。
 
すごい〜〜。
   
  
なんかさ、途中で
  
「あ!私、地球に愛されてる!」
 
って強く強く思った。
そしたら涙が出た。
涙が出た場所は、誰も歩いてない道だった。
 
園内周遊バスが通ってるだけだったけど、
歩かないのは勿体無いなあ、と思いつつ。。。 
 
 
やりたいことは、もう確実にやっていけることを体感した感覚。
 
だってそれは、
 
 
「やるだけ」だから。
 
 
一人でもやる。
 
もうやれない言い訳は一切しない。
  
 
 
そして、
やっただけ、自分の身(実)になる。

今借りてるクロアチアのアパートの
ベッドルームに書いてある。

wherever you go,it becomes a part of you somehow.
どこへ行っても、行ったこと(体験)はあなたの身になる
 
 
クロアチアのこの湖と、LAのトパンガと
小浜の海が、私の体の中で混ざってるよ。 笑

雨が降ったらクロアチアに詳しくなる

クロアチア、旧ユーゴスラビアのうちのひとつの国にて、私はとても規則正しい生活を送っていた。
明日1日だけオフがあり、プリトヴィツェ湖畔国定公園へ行こうかと友人たちと話していたが、彼女たちは皆、フォトシューティングを申し込んだようで、私と行きたい時間があわないため、別々に行くことにした。
一人で長距離バスに乗って行こう、と調べ始めたら、興奮して眠れなくなっていた。

そうだった。
私は旅が好きだったのだ。
旅というのは、そもそも下調べからが旅の始まり。
いきなり思いついて、あ、行こう!
と決めたはいいが、子供の遠足前状態で今に至る。

大体が、だ。
夜中にポツポツ音がして来て、雨だと気付いた時から、雨対策を始め、お天気を調べたら一日中雨。しかも雷も。

旅行のレビューでは雨でカメラが壊れただの、水際の遊歩道は滑るだの、ちょっとドキドキしつつ、それでも行きたい気持ちが勝ち、お天気マップに地名を入れても出てこないので同じ緯度のスロベニアの地名を入れると、そのあたりも雨。

そしてその近辺全体の標高が高いため温度が低い事を知ったり、そっかー、イタリアとの位置関係はこうなんだー、と納得したり。

もしもの時の代替として、別な観光地、ドブロブニクへ飛べるのか飛行機を調べたりしたら、ここは宮崎アニメの舞台になったところだと知ったり、余計な知識の副産物がついてきて、しまいにはアパートに置いてあったガイドブックをみなおしているうちに、テクノのクラブだの、失恋博物館だの、クロアチア初の寿司屋だのを見つけ、よりによって寿司屋はメニューから現地通貨のクーナとドルの為替レートを見てロスの寿司値段とかとくらべていたからいけないのだ。

風が吹いたら桶屋が儲かるというが、
雨が降ったらクロアチアに詳しくなった。

けっこう言葉はなんでも スキがつくんだよ。
イングリッシュスキ
スチューデントスキ
日本語発音の方が通じるっぽい。

あと 地名にはスカ、が多い。
サバスカ、ブラスカ、
ぷっ、可愛いな、と思いながら時計見ると5時過ぎてるし。。。

しょうがないのでコーヒー飲んでる。

ベッドから毛布を持ってきてカウチで明け方のおやつタイム。
学生みたい。

さて、どうなるか。
私はこのあと、眠るんだろうか?

明日は明日の風が吹く。

って、もう今日だった。^ – ^