コンステレーション

5リズムに関連しそうなことは何事も学んどけ、の姿勢が、ここのところさらに強くなって、昨日はシーナ・フロストさんのソウルコラージュを自習した。

今日はファミリー・コンステレーションへいってきた。
ロサンゼルス、ノースハリウッドのとあるコミュニティーのソレは、20人くらい集まって、それは壮大なコンステレーションになっている。興味の対象が狭まって(深まって)きたので、こういうところへも一人で出かけるようになった。

ファミリーコンステレーションとは?(ウィキペディア)

「家族システム療法」、「現象学」、「ズールー族の家族への態度」の要素がベースとなっている。ファミリー・コンステレーションは1回のセッションの中で、特定の家族の中で複数の世代にまたがり依然として認識されていない動きを明らかにすることと過去の事実に基づいた現実を受け入れることを主体を促進することによって、その力動の有害な影響を解決することを試みていると思われる。

ファミリー・コンステレーションは、従前通りの形式の認識や行動、精神力学的な精神療法とは著しく分かれている。この手法の創設者バート・ヘリンガーは擬似科学なアイディアである形態共鳴<生物>を彼の手法の説明の中に取り入れ、この手法は量子インチキ療法のように記述されてきた。この治療からの実際的な成果は、例えば暗示と共感によるものという従来通りの解釈とも考えられる。

アメリカでやると、この家族模様がロシアだったり、ユダヤだったり、アフリカだったり、フランスだったり、おもしろい。とくに私たちが肌で知らない戦争や虐殺に触れる部分があって、趣深い。

問題を直視したい人が前に出て、その人が、参加者から任意で人を選び、自分の家族の役をつけて、配置していく。前回は、ただそれを4時間みていて、すごいなあ、と思っていた。
今回はなんと、イキナリ選んでもらって、皆の前でメインの役をやった。自分が何かをしようと思ってないのに、ちゃんと体が感じていく。それをみている問題を持っているご本人の顔に涙。 なんだかスゴいな。そして、ある意味、5リズムのトライブやリチュアルシアターは、一瞬の(ストーリーは語らないので時間は短い)、動くコンステレーションだな。

保守義務もあるので、詳細は書けないけれども、これはちゃんと学ぼう、と思った。

広告