なんでも儀式にする女

パラシャクティは
シャーマンを名乗るだけあって
なんでも儀式にする。

今日はその彼女の撮影だったが、
撮影前に、大層な風呂敷のような布を広げ、
さまざまなスピリチャルグッズを広げ、
そこを聖なる場にする「場づくり」をする。

キャンドルを焚いて、
セージでスマッジして、
(実は私も撮影前はいつもセージで場を清める)
そして、一人づつのコミットメントを
トーキングスティックに向かって言う。

マジすか?

と思う私もいるのね。

私はスピ歴が無駄に長く、
かれこれ30年になる。

儀式の大切さはわかっているけど
ちょと恥ずかしかったりするのね。

そんなんしなくても出来るやろ?的に。

まあ、いいか。

二人のトーキングスティックのコミットメントを聞いてて、
ちょっとキラキラだなあ、とも思う。

スピリット、とかハートとか、
私がクラスで使うようなこっぱずかしい言葉を使うしー
撮影してるあっちの部屋でウチの夫とその息子がゲームしてるしー
せめてドア閉めとけばよかったよー
ウエストハリウッドの、暖房が効いた絨毯の上で言っても
ネイティブっぽさはイマイチだしー
そのキャンドル、100均だしー
目の前のメイクさんはキレイなゲイ男子だしー
でも顔大きいしー
正座してるしー
床、掃除機かけたけど犬の毛、いっぱいだしー

と、気は散るものの、
よっしゃ、3人の気を合わせるためのものだ、
しゃーない、儀式に乗ったろやないの。

私の番がきたので

「魂のキレイさと、外側のキレイさ、両方をちゃんと見つけて撮れるように繋がって、私のクリエイティビティを最大に発揮します」

とトーキングスティックに向かって言う。

パラシャクティが
わぁ〜、って小さくため息を嬉しそうについた後、

「アホゥ!」(ネイティブアメリカンの いわゆる聖なる掛け声)
と皆で言う。

ちょっと恥ずかしかった。

でも、そのおかげなのか
3人の気持ちが繋がった感があったり、
私も自分が納得しないところは絶対引かなかったりして、
自分が100% 自分でいることができたと思う。
 
 
 
 
 
 
うん

儀式は悪くナイ。
だって、宣言だもんね。

なんでも儀式にする女、パラシャクティを
ちょっと見習おうかな、って思った。

シャーマンとサイコの違い

ケイト・シエラのクラスにて。

==========

自分を常にクリーンに、空っぽにする。

100%で挑む。
すべてに関して100%で挑む。

そして、その時に100%信じる。
100%信じるの。

そして、その100%を自分に入れて踊る。
本当で踊る。本当で動く。

すべてに100%、「今ここ」で
チューン(チューニング)するの。

そしたら、限界を超えて
100%以上が出る時がある。

自分の限界に挑んで、限界を上げるのよ。
すると、つながる。イっちゃうのよ。
本当の自分と、
宇宙みたいなものと、つながるの。

シャーマンってそういうことよ。
5リズムはいわば、そのためのプラクティスよ。

 ・・・

あ、でも、これ言っとく。
私の先生(ガブリエル・ロス)がこう言っていたわ。

シャーマンとただのサイコ(気が狂った人)
の 違いはなんだと思う?

シャーマンは 
自分の限界、臨界点をしっかりと知り、
そのボリュームを自在にコントロールすることができるってこと。
何百回も何千回も鍛錬されている。

それ以外は、たった一回の偶然で自分が悟った気になる勘違いか
サイコ(気が狂ってる系の人)かの、どっちかだから。

==========
==========

ケイト・シエラのクラス、
来週は火曜と土曜、私が代講する。

自分らしく、100%で挑もう。