アンダルシアに憧れて

うわぁーーー、なんなんだ!

友人が行っているスペインのFB投稿を見た時に、
調子に乗ってグーグルマップで見てみた。
その中で「アンダルシア」という文字を見ただけで
みょうに郷愁に誘われて、
胸がぐわ〜〜〜っとワシづかみ。

アンダルシアは、数年前に行った。
しかも、ひとり旅。
あの時も、アンダルシアという言葉で
ハートを鷲掴みされた。

アランフェスも別な切なさがあったんだ。
アランフェスは、宮殿のすぐそばの並木道で
「あ!ここ知ってる!」って思った。
小さい頃、油絵でここの絵を描いた。
描いた時は、どこだかわからなかったけど
その場所へ来て、あ!ここだ!と。
不思議なアランフェス体験。

ただ、”アランフェス”という言葉は
私のイメージとは違い
「アラン フェーース」と、
フェが一番高い音で、
フェにアクセントが付き
ちょっと田舎弁のように聞こえ
私の美しいイメージを少しだけ汚した(笑)

それでもちょっぴり甘酸っぱい不思議体験。

〜 〜 〜

さて、
アンダルシア。

すっごい良かったんだ。

一人アンダルシア。

電車の中から空を見ては泣き、
岩を見ては泣き、
コルドバの寺院、メスキータで、
ワケもわからず、声をあげて号泣。
涙がとめどなく溢れた感覚が今、蘇った。

私の愛しい愛しいスペイン。
なんなんだ、この感覚は!!!

行かなきゃ。

絶対に また 行かなきゃ、

そう思う。

 

こんな時は5リズムの友達を探す。



いたっ!!!

イレネとオスカーがアンダルシアにいる!!!

よし、この1年のうちに絶対に訪ねよう!
来年の夏はスペインだっ!

この歌も懐かしい。

でも、歌詞は んんんん。。。

広告