人は半年あれば変わる

「オッハヨー!!」

素っ頓狂な日本語が聞こえた。

ここはトレーダージョーズ、ウエストハリウッド店。

みてみると、バラのTシャツを着た、みたことのある
でも、小綺麗なゲイ男。

あれ?
ALEXだ〜〜〜!

「スッキリしたね!エナジーがすごくスッキリした」
と私は思わず言った。

「そうなの〜、すごく忙しくてね。最近ついにこの辺に引っ越してきたの」
とオネエ言葉。
 
 
 〜 〜 〜  
 
 
彼と初めてあったのは2年前。
パサディナで某アクセスバーズのクラスを受けた時、彼がアシスタントをしていた。
 
当時の彼はお金がなくて、髪もボサボサで、
住むところは、公共施設のシェルター(ホームレスが入る施設)のようなところに住んでいた。
 
私が5リズムで時々日本へ行くんだ、というと
僕も日本へ行きたい。君の5リズムのワークショップの時に
アクセスバーズでコラボできないか?と聞いてきた。
 
そして、日本の音楽業界を紹介してもらえないか?
とも言った。
 
彼はアニメおたくで、日本のJポップおたくで、
宇多田ヒカルの曲なんて、裏声でガンガン歌っちゃう。
確かに面白いし、キャラクター強いし。。。

そして、iPhoneのGarageBandで作った曲を聞かせてくれた。
「どこで習ったの?」と聞くと
「習ってない。音楽は自分にとってはとても簡単なコトなんだ」
と言った。

でも、歌と曲作りの才能はあるけど、
そういう人はいっぱいいるかもしれないし、
そんな時がきたらいいね、と柔らかく言ったが、
正直なところ、無理だろうな、と思った。
 
 
ウエストハリウッドへ来る機会があったら、ご飯食べにおいでよ、
と、アドレスを交換し、何度かご飯を食べにきた。

どうやって暮らしてるの?と聞くと
「僕はサイキックな能力があるから、スターバックスとかでタロットをやってると、人が集まってきて
くれて、それでお小遣い稼いでいる」と言う。
 
 
 
 
それから半年ほどあってなかったのかな。
  
 
で、トレダージョーズでの再開。

明らかに金を稼いだ模様。
かけていたサングラスがバージョンアップしていた。
 
IMG_1070
 
「で、どんなことが起こったの?」と聞くと
 
 
「ヒーリングもやってるんだけど、実は自分の曲がグエンステファニーに気に入られて、グエンのために曲書いてるの〜」
 
 

 
何を〜〜〜〜!
 
グエン・ステファニーだよ?
 
 
そして
「9月には日本へ行くの。日本のアイドルが僕の曲を歌うから。
 XX ってアイドル、知ってる?
 マサヨ、もし同じ頃に日本へ行くなら、いろんな人、紹介するよ」
 
 
  
もう、びっくり仰天だった。
 
 
 
とにかく。。。
 
 
 
私は学んだ。
 
人は半年あれば、こんなに変わる。
 
 
 
みんな、諦めたらダメだ。
諦めなかったら、ものがうまく回ったら、
たった半年でこんなに変わるんだ。
 
 
そして、何が大きく変われるきっかけになるかというと
 
彼は自分のことを信じていた。
自分は絶対に自分の夢を叶える。夢を生きる、と。
 
そして、彼自身が毎朝撮ってるビデオ
(実は私はキモイと思っていた)で言ってたのは
  
 
「もし僕がダメだろうな、って躊躇して
 芸能人(彼の場合グエンステファニー)に
 メール出さななかったら
 物事は始まってない。
 出しても、出しても、それでもダメなことはあるけど
 
 いい?出さなかったら、何も始まらないんだ」
 
  
その通り。
 
芸能人というところをいろんな単語に変えてみたらいいね。
 
 
 
 
アレックスの音楽のビデオはこちら。
超キワモノなので、ご注意を(笑)

ビデオを撮ってみる

人のこと、ガタガタ言ってる暇あったら
ビデオ撮ってみたらいい。

私は自分のビデオを撮り始めた。
まいにち、1分でもいいから、
自分を撮って、客観的に見てみる。

身体は嘘つかないので
正直に教えてくれる。

自分の硬さ、固さ、よわさ、しなやかさ、
強さ、ふてぶてしさ、醜さ。。。

それらをみたとき

ありえん!

と思った。

だが、その
ありえん 姿を
世の中の人は見ているわけだ。

私はそのように失礼なものを
世の中に放出していたわけだ。

だからじぶんで見る。

見られる強さを持つために。

変えたければ変えたらいい。
変えられなければ受け入れるしかない。

また、なんとかしよう、と編集を勉強する人もいるかも。

いったん自分のビデオを見たら、
人のことはガタガタ言わなくなると思うよ、
ホントに。

そんな暇、マジでなくなる。

そう言うからにはアップしないと(汗)

一生懸命生きているのだから
恥じることは一つもない。

踊ってます。

masayodance.com/mov/masayo-dancing.m4v

ラグナビーチのフュージョン寿司

ラグナのミキちゃん(シャスタなどの写真を撮る写真家)から電話がかかってきた。
彼女のもう一つの本業はラグナビーチでお寿司やさん。

「寿司は自分で撮れるけど、自分の寿司作ってる所とか、さすがに自分で自分を撮れないからね。マサヨン、撮ってよ」

と。
 
もう一つのパワースポット、シャスタが繋ぐ ご縁なのねー。

で、せっかくなので、写真の撮影後、今回は遊びでビデオも撮ってみた。
ビデオの撮影はまだまだだけど、
編集は昔とったキネヅカというか、キライじゃないので、
まだまだ甘い出来ではあるが、まあ、とりあえず出来た。

ミキちゃんの242cafeは、普通の寿司屋じゃなくて、フュージョン寿司。
いわゆるカリフォルニアロールなんかが進化した、
徹底的にニューウエイブな、和洋折衷なお寿司。
目にもとてもキレイで、そしてもちろんの事、美味しい。

ここにはないが、お寿司だけじゃなく、デザートも手作りなんだけど、
日本人ならではの繊細な味!と、撮影後いっしょに食べるべく誘ったお友達も大感激。

彼女はアーティストなので、何でも作るのだ。
食べ物であろうと、写真であろうと、彫刻であろうと。
ワタシと一緒、クリエイトホリック(創作中毒)。

このサウンドは、現在使用許可を問い合わせ中。
大好きなのです。
もし、許可がおりなかったらビデオは排除。曲を変えますわ。その時は演歌だな(笑)

 注:
 中に出て来る美しいお寿司の写真はミキちゃんご本人による撮影です。
 私は今回は出来上がり物は撮影してない。ミキちゃんの希望で入れました。

ビデオ作り、久しぶりに何か、楽しかった。

むいてるのかな?(笑)