1分の測り方 ちょっといい話

「プランクチャレンジ 1分の測り方」で赤とんぼを歌うというのを
昨日投稿したと思ってたら、投稿されておらず、下書きの中にあったので
今日は続けて2つ。

1分の測り方、
私みたいなファンキーなヤツがなぜ「赤とんぼ」かというと。。。

若い頃、私はミュージカルに出ていて
その中でApple Treeという伊藤蘭ちゃん主演のパルコ劇場のものがあった。
演出は篠崎光正で、そこに出ていた中に 今の浅野和之さんとか
結構面白いメンバーもいた。

その時の音楽監督が 内藤法美先生(故人)

彼は、越路吹雪さんのごご主人で、音楽監督。

越路さんのことをワイフという呼び方は
30年前ではとても斬新だった。

「ワイフはね、あんなに大スターなのに
ステージに上がる前はとても緊張するんだよ。
そこでね、僕がこのお茶を淹れてあげるんだ。
するとワイフは、ゆっくりリラックスし始める」

と言って教えてくれたお茶の淹れ方。

以下、内藤先生のコトバ

===

お湯を沸かすでしょう?
沸騰させたそのお湯をね、一度湯のみに入れて
少しお湯をさますんだ。

その間に急須にお茶っぱを入れる。
別にそんないいお茶じゃなくてもいい。
安いお茶だって構わない。

そして、お湯が熱燗くらいに冷めるのを待ってから
お茶っぱを入れた急須に入れる。

ぬるめのお湯でゆっくり淹れてあげるとね
安いお茶でもとろっとして甘みが出るんだよ。

お湯を入れたら1分半待つんだ。

  夕焼け小焼けの赤とんぼ〜
  追われてみたのはいつの日か〜。

これをね、ゆーーっくり、ゆーーっくり歌うと
2番まで歌って1分弱。
3番まで歌って1分20秒ちょっと。
一呼吸おいてから
さっき熱湯を入れた湯のみに入れる。

ほら、飲んでごらん?

===

そのお茶は本当にとろっとして、甘くて美味しかった。

1分だろうが1分半だろうが
そういうことではなく

お茶を淹れるときに
お茶にゆっくりと時間をかけて
お茶にゆっくりと歌を聴かせてあげて
そのエネルギーが全部入った
優しい飲み物になるんだと
私は思っている。

この話は私の宝物。

今もプランクをしながら赤とんぼを歌うたびに
亡き内藤先生を思い、
彼のお茶に込めるエネルギーと愛と、
奥さんを思う気持ちに
少しだけキュンとする
カリフォルニアの青い空の下。

プランクチャレンジ1分の測り方

今、プランクチャレンジをやっている。

プランクとは、まさにこの絵のようにやるだけなのね。
ここから何も動かなくて良くて、ただこのポーズをする。
インナーマッスル、コアマッスルに働く。

20秒から初めて、毎日少しづつ秒数を増やしていき、
1ヶ月後には5分プランクができるようになる。

20秒はなんてことないけど、最終的に5分となると、
日々鍛えていった方がいいな、ということで
私が一緒にやっている人たちは皆2セット、3セットとやっている。

ちなみにコレ、人と一緒にやった方がモチベーションが上がる。
グループメッセージとかにして
「何日め、雅代 1分 チェック!」
とか書いていくと、皆頑張ってできるのね。

で、秒数を測るのに、iPhoneをそばに置いて
ストップウォッチで計ってたんだけど、
さすがに今日は11日目で1分になると、
秒数だけを数えてると 結構しんどい。

そんな時、いいことを思い出した。

頭の中で動揺を歌う。

夕焼け小焼けの赤とんぼ
追われてみたのはいつの日か

山の畑の桑のみを
小籠に積んだはまぼろしか

15でねえやは嫁に行き
お里の便りもたえはてた

夕焼け小焼けの赤とんぼ
止まっているよ竿の先

これをゆったりと歌う。
どれくらいゆったりかというと、
由紀さおり姉妹が紅白で歌ってるとイメージすると
一番わかりやすいと思う。

前奏間奏入れずに全部歌うと1分半。(ストップウォッチで測りました)

すごおおおおおいゆっくり歌うと
2番までで1分。

===

これにまつわる素敵な話があるので、続きはまた明日❤️