コンティニウム 4) ジョジアン・コーワン

ジョジアン・コーワンは5リズムやエクスタティックダンスにもよく来ている。
60歳近い女性だが、背が高いブロンドで、いつも奇麗な布をまとっていて、布を上手に使いながら踊っている。

白い女神エナジーで、サラッとしている雰囲気の女性。

===

ジョジアンは前出のカミール・モーリン(コンティニウム2で書いている)と同じく、コンティニウムをベースとして使った、女性のためのムーブメントを展開し教えている女性。
彼女はかなりユニークなやり方をとっており、それが特徴となっている。

その特徴とは?

布。
彼女は布の人である。

スタジオに入ると、部屋中に大きな舞台装置ほどの布が張り巡らされている。
部屋へ入ったとたん、え?何するの?と思う。

彼女のワークはどこのスタジオでも出来るわけではない。吊るしたり張ったりするためには天井の高さや梁が必要。彼女はサンタモニカのコンティニウムスタジオでやっている。

天井からフライングヨガが出来るようなシルクを釣ってあったり、壁には登れるロープや蜘蛛の巣が張ってあったり、小体育室ほどの部屋の中は、大きな様々な色の布でいくつかの仕切りがされ、いくつかの世界が作られている。

その世界は、毎回テーマごとに違うが、闇、光、癒し、川、といった比喩の空間。
まるでアングラ演劇の実験室のような部屋に作られている。

その中には小道具がいっぱいあって、小道具を使ったり身にまとったりしながら、自分の中の闇や光、癒しと大きく繋がるという、演劇的実験空間を体験させ、自分自身を見つめさせる。

3時間のクラスでここまでしっかりやっているのは全米広しといえどジョジアンだけだろうと思われる。
3時間のためにこのセッティングを、はしごをのぼって自分で作りあげるのは、まさに愛としかいいようがない。しかも、布は自分が持って来る。

多くのムーブメントの先生はきっちりとオルター(自分を敬うための祭壇)を作るので、布を持っているケースも多いが、ここまでマイ布を持っているジョジアンは圧巻だ。
布の持つ揺れ、布の持つ手ざわり、これらを使って女性性を解放する練習を促している。

===

彼女の優しく的確なウォーミングアップとインストラクションの後、1時間半以上、どっぷりと、その布で作られた演劇的空間の、それぞれの世界にはまる。

布をまとったり、布に隠れたり、布から脱皮したり。
釣られたシルクの中にどっぷりと包まれ胎内にいる感覚を感じたり、
川と設定された場所で自分を洗い流す感覚を味わったり、
火と設定された真っ赤な布のある場所で棒を振り回したり、

そんな事をしているうちに隠されている感情が湧いて来る。
サディスティックだったり、悲しかったり、嬉しかったり、超越感を感じたり。

あっと言う間に1時間半以上たってしまう。

いわゆる、壮大な「ごっこ遊び」なのだが、
真剣にセットを使って、真剣に遊ぶ。1人で遊ぶ。自分と遊ぶ。
大人のための「ごっこ遊び」。

けっこうガーリー(女の子的)といえば、ガーリーだけれども。
小さいときは、こういう事をしていたかもしれない。
それってけっこうなセラピーとなっていたようにも思う。
また、クリエイティブなココロの促進にも。。。

彼女のガイドによる身体の微妙な動きにコネクトしつつ、かなり深い「心のワークアウト」となる。

広告

コンティニウム 1

最近、5リズムのために、コンティニウムのクラスを受けている。

コンティニウム(コンティニュアムとも表記 continuum)は、エミリー・コンラッド(故人)が体系化した、身体の中を動かすムーブメントのメソッド。

瞑想してる時の、エクスタティックダンス(5リズムも含めた)を踊っている時の、ヨガのサバアサナのときの「トリップ感」。
あれにアプローチするのがコンティニウムなんじゃないかと想像している。

5リズムではスティルネスの時にトリップ感に大きく気づく。ソウルモーションもしかり。この時、「内側がすごく動いている」と感じる。マイクロ・ムーブメント(微小な動き)は外側に見えるのはほんの指先一つでも、中では大きく動いている。細胞が動いている。

コンティニュウムはパフォーマンスじゃない、
いわゆるダンスでもない、
結果的には瞑想だけど、いわゆる典型的な瞑想でもない、

大きく動くのではなく、内筋、インナーマッスルを、流れるように、水のように動かす。
身体は水。身体の中を液体性を動かす。

「身体を液体のように動かす」事は、5リズムでも同様。
その液体を身体の中でスムーズに流す。コンセプトは同じだが方法が違うだけ。
5リズムが「外へ」の動きなら、コンティニュウムは「中へ」の動き。

===

人はふつう大雑把に動いているため、自分の内部、細部の感覚に鈍感である。
怪我でもしなかったら気づかない感覚がいっぱいある。

例えば普段は7色くらいで動いてるとする。(TAW、一色真宇氏の表現をお借りする)
自分の身体と繋がり始めると、その7色が12色になり、24色になる。

いわゆる自分の身体の中を100色でスケッチできるようになったら、どんなに素敵だろう。。。☆

やった事がない時は、色が数色で、スケッチに例えるとすれば、身体の面取りも粗いから細部まで感じられない。

細かな感覚というのは、感じられないとつまらない。
ここを感じないと、身体があたたかくすらならないのだ。

慣れてる人はすごく内部が動くから、外から見た目には何も動いてなくても、外の動きと同じくらい身体の中が大きく動く。だから、あんまり動いてないにもかかわらず、汗だくだったり。また、実際に動いたのと同じ暗い体力を消耗する。

身体は宇宙。自分の宇宙の中に入る。

その宇宙を旅し、その宇宙を動かすのだ。

水のように、流れるように。

この感覚を5リズムの時の全てに使えたら、さらに5リズムにも深みが出ると思う。

わくわく☆

世界中で女性が立ち上がるOne Billion Rising

10億人で立ち上がろう、女性のためのムーブメント

世の中からレイプはなかなか消えない。
昨今、インドでもバスで何人にもレイプされ、殺され、放り出されたりとか、中近東では政府が黙認するなど、さまざまなニュースがある。

スピ的に「私の見える世界が私の選んだ世界」と見ない事も可能だが、立ち上がるというのも一つのポジティブな選択である。身体をもらってこの地球に来たので、こういう選択はしっくり来る。

One Billion Rising は今年のバレンタインで15周年らしいが、元々、レイプや家庭内暴力に立ち上がるための、女性の運動であったと言う(と今日ラジオで聞いた)。
かつて性的な事で悩んだ女性が舞台でそれを一人語りする「バジャイナ・モノローグ」(女性器は語る)という、アメリカのムーブメントとも関連している。

ラビ・シャンカールの娘でノーラジョーンズの異母姉妹、アヌシュカー・シャンタールも賛同者の1人として運動しており、同じラジオで彼女のコメントを聞いた。

「私は両親の信頼している使用人から性的なハラスメントを受けた事があります。世の中の、実に3人に1人は、痴漢や強姦、セクシャルハラスメントの危機に遭遇した事があります。これはおかしい。世の中を変えて行くためにも、私達は大きく声を上げて立ち上がる事。そのためにダンスを選んでいます。ダンスは最も早く癒せる物理的、精神的なヒーリングだからです」

おおお〜〜、だからダンス〜〜!

私の通っている5Rのクラスでも、そのためのファンドレイジングを今日やる。
サンタモニカでも、ベニスビーチでも、ニューポートビーチでも、フラッシュモブ(いきなり街で団体で踊り出すアレです)がある。

10億人の女性が、踊りを通じて、世界中つながっている、と思えるエネルギー空間を作り出す。このために、今日は皆、踊る。160カ国以上でこのムーブメントがあるんだそうな。

黒と赤のツートンカラーで来て下さい、との先生からのお達しがあったので、私も黒と赤を来て、今日2回目のダンスに今から行って来る。

追記:
サンタモニカのスタジオでは、赤と黒を着た人がいっぱい。
そしてスタジオへ行くまでに、私の赤と黒の洋服を見た車が数台、窓をあけて「I LOVE YOU!!!」と叫んでくれた。
すごいーー。多くの人がこのムーブメントを知り、立ち上がろうとしてるんだなと実感。しかも闘うのではなく、ダンスという方法で。