「わかる?」「わかんないよ」

わかってもらいたい。
わかってくれない。
うん、それ、わかるよ。
ねえ、わかってくれる?

ごめん、サポートはするけど、私には完全にはわからない。

人は大きくは一つで、ワンネスであるという前提は別論点なので今は一人一人のカラダをもらった「自分」という観点から。

人はそれぞれに違う役割とカラーを持って来てるから、わからなくて当然。
わかったら偶然。もちろん偶然は必然。

たとえば身体で言うと、大きくは一つだけど、肝臓には肝臓の役割があり、ヘソにはヘソの、足の指には指の、爪には爪の役割がある。

心臓が目に「どうしてポンプを送ってるのをわかってくれないの?」といわれても、目は「だって私はただ、自分の視界に入ってくる事を処理してるだけだから」と言うのと同じで、目が心臓の事をわかっちゃったら目としての機能が滞るんじゃないかというような屁理屈を加えつつ。。。

「わかってほしい」というのは、

 *パーミッション(許可)が欲しいのだ。
 *そして特別な理由を認めて欲しい(特例だと認めて欲しい)のだ。
  — 特例を認めてというあたりでワンネスは崩れてる事に気づく事もなく
 *そして、よくやってるね、と褒めて欲しいのだ。

本来は全員がそれぞれに役割が違うのだから、全くわかる事は無理で、互いの働きを誉め称えるしか出来ない。
わかろうと努力する事にのみ時間を費やしたり心を砕くのは案外もったい。

それより、自分のすべき事を今、一瞬、がんばってやればいい。
そしたら他人の働きも認められるのだ。

大体において自分の事を一生懸命やらない人ほど他人を悪く言う。
自分に必死だと、人の事なんて言えない。(スポーツ観戦に熱狂する人の中で自分は実際やらないのにプロを捕まえてアイツはダメだとか言うのと同じ論理。ある程度努力した人はやたら人を斬れない)

自分で本当に100%一生懸命やってる人は
「わかってほしい」とは言わない。
自分が自分をわかってあげているから、他人からの許可や評価がいらない。

恋に落ちる瞬間なんかは「わかりあえる」溶けちゃう感がタマラナくエクスタシーなんだけども、通常の生活の中では相互理解のために自分を説明するのは有効でも、「わかって欲しい」という甘い期待の元でこれをやると、「わかってもらえない=マイナス」となり、

傷つく → 相手を攻める → こじれて孤独に

と言うダメ雪だるまにハマる可能性がある事を覚悟しておいたほうがいい。
これを「ドラマ」と言う。

ドラマは文字通りドラマチックに自分を翻弄し、ヒロインになったかのように自分を被害者にし、「こんなにがんばってるアタシ」を作り上げる。
だがそれは、わかってもらいたいという、依存的な甘えから「自分が作り出した結果」である事を理解したほうがいい。

 
なんて書く自分は、冷たいんだなあ、きっと。。。
( ↑ 本当は冷たくないのよ、と”わかって欲しい”らしい 笑)

無邪気

私は時々左脳を無理矢理働かせて、カシコそうに振る舞ったりする。私のエゴは、「私はちょっと違うのよ」とか「アタシ、エライでしょ、ステキでしょ」と、他との対比の中で特化する、選民意識を働かせるクセがなかなか抜けない。それはワンネスからかけ離れている事らしい。

人は地球の細胞の一つとして生まれ、人との対比の中で、いかに特化した細胞になろうと(離れる)努力をして、人と違う事を喜び、年をとるごとにワンネスに戻りソレを喜ぶ。最近そんな気がしている。

ま、実のところ、そんな事も、もうどうだっていい。どうせ私はカシコぶっているだけなのだ。

さて本題。
日本人スピ界では知る人ぞ知る”影のドン”(笑)I代さん。日本のスピ本を手がけるY川ご夫妻を始め、I市さん、E本さんなどをはじめ、有名な方がアメリカに来る事になると彼女に相談される。昨今では四分の一の奇跡の上映をシャスタ市長とかけあったり、ガイヤシンフォニーのミュージシャンのアメリカ奉納のご縁をつないだり。。。曼荼羅アーティスト、Kさんのお母様でもある。
また国際的な直観医療の第一人者、キャロラインメイス氏などとも一緒に旅行へ行ったりしておられる。とにかく、スピ界に偉大なるご縁がある方。

I代さんは天然。無邪気とはこのような事を言うのだ。周りから見た評価を気にする事なく、自分自身の世界を泳ぐ方。
とらわれがないから羽根のように軽い。
年長ながら童女のよう。

先日、うちに来られた時、迷って迷って1時間以上遅れた。夕方から用事があるのでちょっとしか居られない、と謝られた。
私はみちくん達と満月ハイキングへ行くはずだったので、残念ですね、と言うと
「あら、満月!本当は7時から用事があったんですが、こちらを優先させます!ブルームーンの満月ですもの、こちらの方が大事でしょ?」
 ーー決心、はやっ!(笑)

見晴し台から見える月の出はすごい。
「うっわーー、うっわーーー、すごいわーーーー、すごいわぁーーーー。キレイー!遅れてこなかったら6時に帰ってたわぁ〜。やっぱり、遅れてよかったわぁ〜。全てに意味があるのねえ」
 ーーポジティブシンキングー!(笑)

「まあっ!こんな美しい場所があるのね!電話電話。もしもし、あ、お母さんだけど、今、月見てる?あら、そこから見えないの?どうして?」
 ーーどうして、って。。。(笑)

「私、カメラがこわれてるから、ほら、あの大きな月!撮って!撮って!、ほら、こっちも、撮って!撮って!ほら、ここからも撮って、撮って!」
 ーーアングルにうるさいI代さんであった。

「あら見て!たまゆらが映ってる!たまゆらよ、キレイー!今度、どんなカメラを買えばいいかしら?いいカメラはたまゆらが写らないんですってね」
「そうです。写真的には本来たまゆらやレンズフレアはNGなので、いいカメラはリダクション(防止機能)がついてるから、写りにくいと思いますよ」
「そうなんですってねえ、でも、そんなの困るわぁ~、たまゆらが写る機種はドレかしら?」
 ーーたまゆらが写る機種って。。。(苦笑)友人が「たまゆらが写ります!カメラ」をどこかのメーカーから販売すればスピ系に売れるといっていた。

「ここ、昔ネイティブ・インディアンが住んでましたねえ。セレモニーをしてた場所よ。エネルギーがすごいわぁ」
ー「え?I代さん、見えるんですか?」
「あら、見えないわよー」

うまく解釈したり、頭で考える事を優先していて忘れてた。無邪気でいいんだ。
無邪気に楽しむという事を教えていただいた。
いや、教わるというより、伝染。
無邪気さは伝染。サイコー!イエ〜〜〜イ!

=======
I sometimes try to show myself much more cleaver or something special. that is getting far from “ONENESS”. people born from oneness, and getting to be a special, and going back to oneness, that could be aging, could be awaking.

Mrs. K, she has 3 grand children. she has strong relationship with whom world wide famous spritual people like Dr. EMOTO or Dr.Caroline Myss. actually a lot of Japanese spritual people asked her to help when they come to U.S.
she is totally far from ego, and she is very innocent and has precious heart.

she said
“I had appointment from 7 pm but I canceled it. because Moon rise is priority”
“Look! on my picture, there are some AUBE! so beautiful!!. I want to get new camera, but good camera doesn’t catch AUBE, is it true ? which model can get AUBE ?”
and all the time she scream like Japanese school girl.

we went to hiking together. she says so many cute things. it was so funny.
I realized “logic or cleaver things, intelligence which I sometimes insist, does not mean any”
don’t need think with your left brain. just feel it.
her innocent heart influenced me. just have a fun! Yay!!