大阪のタクシー

LAに帰ってきて、日本のことを回顧すると、メインのことではないことで、必ず面白いスパイスが心に残っているのに気づく。

今回は、大阪のタクシー。

大阪のタクシーのおっちゃんは、人間臭い。

ウケを取る、正直に話す、というオープン性からか、
こちらが話し始めると、結構な割合で話がはずむ。

だから、大阪へ行くとタクシー率が増える。
だって面白いんだもん。

数年前、一番面白かったのは
「梅田のXXまで行ってください」
と、JR大阪駅からタクシーに乗って言った時
数秒待った、最高の間合いで

「ねえさん、それ、虫でも歩くで」

と言われたこと。

今回は
友人のオフィスのある、中之島の高級マンションへお願いした時

「あ、わあった!あっこやな?
あの入り口に池のあるところでっしゃろ?
わて、釣りしとりますさかい、よー知っとるんや!

(マンションの池では釣りはできないと思う)

あそこは金持ちマンションでんな〜〜〜。
あんなとこ住んではる人はな、
ごっつ、金持ってまっせ!

おねえさん、お友達にあいはったらな、
よろしいか?
調度品やらなんやら
褒め倒しなはれや!
褒め倒すんやで!
晩御飯くらいごっつぉしてくれまっさかい」

西洋的な観点からいうと
ものすごいコントローラブルな人だと思うが
さすが大阪!
運転手さんのキャラも含め、
とても暖かく、

「わかりました。褒め倒します」
と言って爆笑した。

写真は、その金持ちマンションの近所。そしてお部屋からの眺め。

===

もう一つ。

粉モンを食べなかった。
粉モンとは、小麦粉を使った料理:お好み焼き、たこ焼きなど。

別にグルテンフリーを気にしているワケではないが
粉モンを食べる機会がなかったので
運転手さんに

「この近くで美味しい粉モンのお店はありますか?
たこ焼きではどこが美味しいですか?」と聞いた。

すると

「僕、実は、この辺のタコ焼き屋は、
アカンのですわ。
偏屈かもしれませんが、
気に入ったとこしか行きませんねん。

僕が気に入ってるのは川西にあるタコ焼き屋で
別になんてことないんですけどね、
スタンダードにウマいんですわ。
ソースが美味い。

僕、思うにですねえ、
アメ村やらこのへんやら、
流行ってる都会のタコ焼き屋はですねえ、
ディテールにこだわりすぎや、思うんですわ。

例えば、外がカリっと、中がじゅくっと、
そこにこだわりすぎてですねえ、
油っぽいいうか、揚げ物系になってたりですねえ、

タコ焼き本来の、大切な何かを
忘れてしもてるような
そんな気がしてならへんのですわ。

こだわりすぎて本来を見失う、いうのは
僕は、ちょっと、アカンのですわ」



深い。。。

大阪のタクシーの運転手さんは哲学者だった。

とにかく、主張があるのね。
どなたも。

そこがオモシロイ。
 
 
もし、大阪でタクシーに乗ることがあったら、
ちょっとだけ突っ込んで話をしてみたらオモシロイ。
きっと「ほんのちょっとのココロの触れ合い」ができると思う。
 
ビバ!大阪!

9月、日本の旅2 ルシアpart.1

学んで学んで(フローイング)
決心して動いたら(スタッカート)
色んな流れが変わる。
プロセスなのでここではすべてが出てくる。
それに委ねる、完全に手放して委ねる(カオス)
それがあるからこそ、それを出して空っぽになったからこそ、
次のステージへと移る(リリカル)
そして、一つに融合する(スティルネス)

〜 〜 〜

最初の日、11時間かけてマウイから関空に着いたルシアを
さらに3時間、奈良の柳生まで連れ回して、
車酔いで吐きそうになりながら言っていた言葉が印象的だった。
「OK マサヨ、この旅行スケジュールはとってもF**kだけど、私はサレンダーする(委ねる)わ」

予定を組みながら、確かにルシアにはきついと思ったが、
それがベストと思ったのでやったこと。

だいたい、関空だって名古屋のセントレアだって成田だって、
市街地へ出るのに1時間かかるのは誰のせいでもない。
ひれ伏したりおどおどするのではなく、
「明日の朝起きたら、絶対に感動させてあげるから!」
と、堂々とする事にした。
言っとくけど、私だって疲れてないワケじゃないのだ。

〜 〜 〜

翌日、柳生村起こしのサムライハウスで目覚めたルシアは、
携帯片手に家の中の写真を撮りまくり。
ほら、これだけで昨日の「F**k」が帳消し。

その後、剣術の聖域である道場を見、
日本の原生林へ行き、苔むす岩を見、
雨の田んぼの実る稲を見、感動していた。

「実るほど、こうべたれたる稲穂かな」
という日本の言葉を伝えると、感動していた。

お茶畑を見て、
カントリーサイドを満喫した後、
奈良へ鹿と戯れに行く。

結果、1日観光は大喜びだった。

たとえルシアがワールドワイドに素晴らしい先生でも
私が卑下したり、自分を蔑む必要など1ミリもないのだ。

〜 〜 〜

もし、私が
「どうしよう?ルシアが疲れてる。なんとかしなきゃ」
とコントロールに入っていたとしたら
私が緊張して、
私が萎縮して、
そのエネルギーでネガティブな方を選んでしまったと思う。

それはすぐにルシアに伝わって、
二人して疲れたかもしれない。

が、
よし、流れに任せよう。
自分を信じよう、
というエネルギーの流れになる心の状態の方を選ぶ。

ルシアの「サレンダーするわ」もそうだけど、
5リズムで自分の状況を把握し、
それをシフトしていけていること実感。
それらがますます体に落とし込めてきていると感じる。
人間力のために、私たちは5リズムで学んでいることを日常に反映させ、
人生のプラクティスをする。

〜 〜 〜

さて、その日のルシアの大阪クラスは、
素晴らしいクラスだった。

ルシアも盛り上がったし、
来てくれた人も、たった2時間なのに、いきなりオープン!
終わった後の皆のお風呂に入ったような
何か新しいものが目覚めたような
しかしながら、めっちゃグラウンディングした
その顔を見て嬉しくなった。

浮ついたことではない、しっかりとすべてを受け入れる。
一元論、ノンデュアリティは、闇も全て包括している。
ルシアの美しい全身は、そう語っていた。

私のクラスを受けてくれたリピーターさんがたくさん来てくれ、
しかもお友達を連れて来てくれ、
ますます5リズムの良さをわかってくれたことを実感した。

ここでも、関わってくれた人のエネルギーの反映もあり、
まほちゃんの心遣いとか、正直さとか
そんなものに、ルシアも心を打たれたようだった。

全てに感謝。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

ハローキティ会議

大阪で、
ハローキティのキャラクターが乗った工事の三角コーンを見た。
工事現場っすよ?いいんすか?大阪。

着物姿のハローキティがなんばウォークに立っていた。

奈良の東大寺でも、ハローキティグッズがいろいろと置かれていた。

大仏とハローキティが一緒に描かれているハンドタオルハンドタオルは、
一緒に行った先生ルシアが気に入りってしまい、
それを購入していたので、姪っ子へのお土産だと思っていたら、
購入後いきなり開けて、大切に大切に、
ハローキティのハンドタオルを使っていた。
マウイに帰るまで、ずっと使っていた。

日本は相変わらずなハローキティーぶり。
ここのところ、加速じゃないっすか?
どうなんでしょう?

私が15歳近辺でハローキティがサンリオから現れたので、
ハローキティはかれこれ40歳の熟女なのに
熟女、ガンバってるなあ。。。。

===

で、ここからは帰ってきてからの話。

木曜の朝、フローのソウルモーションのクラスに顔を出した。
そのまま、仲の良い数人で流れてランチを食べた。

なぜか話がハローキティになったので
「知ってるの?」と聞いたら
「知ってるなんてモンじゃないわよ!学年の女の子、全員持ってたんだから!」

え???

アメリカで???

それは、日本人の多いカリフォルニアだからじゃなくて?

背の高い、とても綺麗で知的な、大学の演劇の先生、リズが、
綺麗な低い声でサングラスを直しながら上品に
「私はボストンだけど、1975年にもうハローキティのペンケースを持ってたわ」
といった。

「私はリボンが欲しくて欲しくて、クリスマスにはハローキティのリボンを買ってもらった」
ネルダは思い出したかのように嬉しそうに言い

「私はニューヨークだけど、ハローキティの消しゴムをそりゃあ大事に大事にしてたのよ。なんて素敵な香りなのかしら、って香りを嗅いで、キティの顔を見てうっとりしてたのに、誰かが”消しゴム貸して”って使ったもんだから、泣きながらつかみ合いの喧嘩をしたわ」
メーガンがそう言って、皆が笑うと
「だって、あれは夢のようなひと時だったのよ!あの消しゴムを眺めながら香りを楽しむのが!」
と言った。

マジか。。。

年代を聞くと、実にオンタイム。1975年くらいから後のようだ。

「ハローキティのテニスのバンダナも買ってもらった」
「サンリオは、なんて素晴らしいマーケティングなんだなろう?」
「そうよね?だって、女の子のハートをガッツリつかんで、素晴らしい商品のラインナップで、すべてのステーショナリーをハローキティで揃えて。。。だって、クリスマスに2つ3つ買ってもらったって、全部を揃えられないのよ!もう必死よ。こんな素晴らしいマーケティングが未だかつてあっただろうかと今になって思うわ」

私はこれを持っていた、
あ、それ知ってる!

などなど、

ランチの時間、いつもは高尚なハナシをするメンバーが
本日ハローキティーで大フィーバー。

ハローキティ会議となったのであった。