ベイエリア1・顔ヨガ

ベイエリア(湾の地域)といえば一般的にはサンフランシスコ近辺のことを指す。

サクラメントで、顔ヨガの高津文美子さんのビデオ撮影をさせていただき、
そのあと、そのあと、その「ベイエリア」へ行っていた。

高津さんのお宅に一週間、ともに寝泊まりしての撮影。

彼女は朝5時に起きて、一人でヨガと瞑想をしてから、子供とご主人のお弁当を作り、彼らを送り出し、8時に「お腹すいた〜〜!」とたっぷり朝ごはんを食べる。

そしてメイクをして9時から撮影、というのが毎日のパターンだった。

私は7時過ぎまで寝て、そこからの参加。
それでも私も朝、瞑想などをすることができたから、朝というのは本当に黄金な時間だと思う。

彼女の自分への律し方、コミットメントは半端じゃない。

彼女の場合、彼女の運がそうさせるのか、先に周りにスタッフが集まり、彼女がその中心となってしまうのだ。
顔ヨガをやった時も、すでに周りにスタッフができ、「次これやろう!その次はこれ!」という風になる。
そして、彼女がそれをこなす。

なので、自分で作り上げていくものでありながら、そういう環境に置かれてしまうのよ、私だって早起きしたいワケじゃないけど、しょうがないの、と笑った。

「早起きする人が全員成功するとは限らないけど、少なくとも成功してる人の9割は早起きだよね」
と私がいうと
「それは多分事実だと思う」と彼女も言った。

今、彼女が何をしているかというと、顔ヨガを「Face Yoga Method(フェイスヨガメソッド)」という名前で、全世界で展開している。
日本人は彼女がそんなことをしているとは知らないけど、世界の女性で彼女を知っている人は案外多い。
顧客は世界中に1万人以上。それでウエビナー(ウエブでの教室、レッスン)をやっている。

彼女は世界をしっかりと見ている。
っていうか、彼女の中に自分が日本人であり、日本人がビジネスのターゲットという感覚はない。

ヨーロッパの秘書と、サンフランシスコの社長と、ロシアのエディターと、スカイプで毎朝ミーティング。輝く女性ばかりの、ものすごいビジネスモデルである。

そこには、何も我慢せず、子供も犠牲にせず、ありのままの母としての自分をさらけ出した彼女を受け入れたビジネス作りがされており、その中での要望は限りなくグローバルで、機能的で、とにかく素晴らしい。

「事故で死にかけた時、体も顔もぐちゃぐちゃになったの。その時に体のリハビリをしたのね。そしてふと考えたの。ボディビルで体の筋肉を鍛えるでしょ?顔も筋肉!私はソレで自分で事故の後、歪んでしまった顔を直してきたの。”顔を変えたら世界が変わる”。キレイになりましょうっていう夢物語だけでなく、人生を自分で変えていく、そこを伝えたいの!」

ちなみに、彼女の作るお料理も素晴らしく美味しい。

私たちは一緒に食事を作り、一緒にアイソレーションタンクへ行き(カプセルの中の塩水で浮かんで瞑想する)、そして一晩だけ、一緒にサクラメントの5リズムのベラのクラスにも行った。
たくさん話し、たくさん一緒にクリエイトした。

彼女のご主人の実家でイースターを迎え、そこにも参加させていただき、その様子もビデオに撮ったり。。。イトコみたいな感じなんだなー。

彼女といると、サムライ同士の会話のような、スキっとした、嘘のない心地よさがある。
良い世の中を作ろうとしている、潔い女。そんな感じ(笑

素敵な女性と一緒に時間を過ごして、その生活を垣間見させていただくと、自分もたくさん刺激がもらえる。

ありがたい。

広告

元の目的は?

リビングから冷蔵庫へ、
例えば「醤油」を取りに行くとする。

冷蔵庫へ着く頃には
はて?なぜ私は冷蔵庫前にいるのだ?
何を取りに来たんだっけ?

ということはありませんか?

「ようこそ、ボケの世代へ」
と誰かが言っていた。

これは
もともとの目的がすり変わり
「冷蔵庫へ行くこと自体」が目的になってしまった例だ。

実は同じように、
日々の中でもこういうことがよくある。

〜 〜 〜

「彼氏が欲しい」から
「痩せたい!」のに

気がつけば
「痩せること」が目的になり、
どう考えたった愛されないような
異様なガンバりかたをしたり
出会いの場へ行くことを惜しんで
もっともっと、とダイエットや自己鍛錬して
チャンスを逃したり。。。

〜 〜 〜

仲良く長生きしたいから「健康になろうと決めた」のに
健康論議で喧嘩をしてしまう老夫婦がいたり

「健康のためなら死ねる!」

的な不思議な考えに陥ったり

〜 〜 〜

幸せになりたいから
この壁を超えたかったのに

「壁を越えること」
「困難を克服すること」
自体が目的にすり替わっていたり。

〜 〜 〜

”1日を有効に使いたい”から
早起きして、
これとこれをしよう、
ルーティンを決めたのに
必死で早く起きて、
ルーティンをすること自体が目的になり
それ「のみ」が日々の日課になり
疲れて他のことがおざなりになったり。。。

〜 〜 〜

すべてそう。

これをやっていたら、
堂々巡りなんだよね。

そして、ヤバいのは、この堂々巡りのプロセスって
案外「生きてる感」があるので
そこにハマりやすい傾向がある。

・・・

時々、もともとの目的を
言い聞かせる必要がある。

なぜやるか?
何のためにやるのか?

それをリマインドすること。