満月で財布を振る

今日は満月!LAでは2/3 午後9時すぎごろ、ニューヨークで2/3 午後6時すぎ、 日本では2/4 厳密には朝の8時すぎ。
さあ、みんなで財布を振りましょう!!!

昨日のクラスでも、一足早く財布を振って踊りました。けっこう真剣に(笑)

通常は5リズムのクラスには財布を振るという事などないのですが(そんな事をした先生は過去にいないと思う)、5リズムの練習の中にある「リチュアル(儀式)」を利用し、その時にこの財布振りを入れ、かなり真剣に振りました。

いつものようにオルター(祭壇)をつくり、そこにクラスが始まる前に空っぽにしたお財布をしばらく奉ってもらい、カオスでいらないものを振りほどいた後のリリカルでの踊りです。最後は、それに命を吹き込むべく、うやうやしくオルターにお財布をまた持って行く。

話は変わって
とある脳科学の先生の本などにハマっているのですが、
現実的、科学的な事を知ればしるほど、スピリチャルとか祈りとか宗教とか、こそばゆい言葉なんですが
そういうこそばゆい事はかなり脳科学の論理にあっているのだと言う事も再発見したり。

実際にプラシーボは利用すればいい。プラシーボによって脳に新しいニューロンの回路を作るのが、引き寄せの法則の原因なのだそうです。

だから、「ありがとう 愛 感謝」の連発は、そういう意味ではニューロンの回路開発に役立っているわけですが、大事なのはホンキの臨場感。
昔、友人で「ありがたいーー、ありがたいーーー」と眉間にシワよせて言ってる人がいましたが、眉間にシワがよらなくなった頃、彼女のお店は繁盛しはじめました。

+++

数多くの収穫祭の踊り、神道、巫女さんなどの舞、拝む形式、柏手を打つ、チベットなどの五体投地、太鼓をたたく、イーグルの羽でスマッジする、手を合わせる、結婚式などの儀式、最後の晩餐の乾杯 「いただきます」の挨拶、
などなど
すべての儀式、様式、形式というものは

「自分の決心を何かに見立てて、その中に命(精神、魂)を吹き込み、それをする事で自分をリマインドし、それをすると効果がある、と知って行動する事」
つまり、意味付けし、それを信じ、カタチにしてアンカリングする。。。

ソレが共通点だと思うのです。

満月のお財布フリフリが本当であろうと、なかろうと、
自分が「本当として取り扱う」と決意すれば本当になる。

だから、集まって下さった皆さんと一緒に、お財布を振って、完全に一曲踊りました。
私たちはなくすものなどなにもない、ただ楽しく、そのために「自分の人生の7分を使って」意識を集中して踊ったわけです。
そこが大事。

曲はもちろん、Deva Premalの Om Tare Tuttare Ture Svaha(お財布フリフリにいいと言われているマントラ)

真剣にやればやるほど笑ってしまう。ゲラゲラ笑いながらも真剣に。

「こんないい加減でいいんですかねえ?」
「本当にお金、入ってくるんですかねえ?」
という質問にも
「ほーら入って来た!アバンダンス!アバンダンス!(収穫)それを細胞に刻み付けて、ハイ真剣に!!」

笑っちゃうけど、儀式ってまあ、こういう事が始まりなんじゃないかと妙に納得した夕べでした。

さて皆さん、今夜の満月、お財布を振ってみます?

無邪気

私は時々左脳を無理矢理働かせて、カシコそうに振る舞ったりする。私のエゴは、「私はちょっと違うのよ」とか「アタシ、エライでしょ、ステキでしょ」と、他との対比の中で特化する、選民意識を働かせるクセがなかなか抜けない。それはワンネスからかけ離れている事らしい。

人は地球の細胞の一つとして生まれ、人との対比の中で、いかに特化した細胞になろうと(離れる)努力をして、人と違う事を喜び、年をとるごとにワンネスに戻りソレを喜ぶ。最近そんな気がしている。

ま、実のところ、そんな事も、もうどうだっていい。どうせ私はカシコぶっているだけなのだ。

さて本題。
日本人スピ界では知る人ぞ知る”影のドン”(笑)I代さん。日本のスピ本を手がけるY川ご夫妻を始め、I市さん、E本さんなどをはじめ、有名な方がアメリカに来る事になると彼女に相談される。昨今では四分の一の奇跡の上映をシャスタ市長とかけあったり、ガイヤシンフォニーのミュージシャンのアメリカ奉納のご縁をつないだり。。。曼荼羅アーティスト、Kさんのお母様でもある。
また国際的な直観医療の第一人者、キャロラインメイス氏などとも一緒に旅行へ行ったりしておられる。とにかく、スピ界に偉大なるご縁がある方。

I代さんは天然。無邪気とはこのような事を言うのだ。周りから見た評価を気にする事なく、自分自身の世界を泳ぐ方。
とらわれがないから羽根のように軽い。
年長ながら童女のよう。

先日、うちに来られた時、迷って迷って1時間以上遅れた。夕方から用事があるのでちょっとしか居られない、と謝られた。
私はみちくん達と満月ハイキングへ行くはずだったので、残念ですね、と言うと
「あら、満月!本当は7時から用事があったんですが、こちらを優先させます!ブルームーンの満月ですもの、こちらの方が大事でしょ?」
 ーー決心、はやっ!(笑)

見晴し台から見える月の出はすごい。
「うっわーー、うっわーーー、すごいわーーーー、すごいわぁーーーー。キレイー!遅れてこなかったら6時に帰ってたわぁ〜。やっぱり、遅れてよかったわぁ〜。全てに意味があるのねえ」
 ーーポジティブシンキングー!(笑)

「まあっ!こんな美しい場所があるのね!電話電話。もしもし、あ、お母さんだけど、今、月見てる?あら、そこから見えないの?どうして?」
 ーーどうして、って。。。(笑)

「私、カメラがこわれてるから、ほら、あの大きな月!撮って!撮って!、ほら、こっちも、撮って!撮って!ほら、ここからも撮って、撮って!」
 ーーアングルにうるさいI代さんであった。

「あら見て!たまゆらが映ってる!たまゆらよ、キレイー!今度、どんなカメラを買えばいいかしら?いいカメラはたまゆらが写らないんですってね」
「そうです。写真的には本来たまゆらやレンズフレアはNGなので、いいカメラはリダクション(防止機能)がついてるから、写りにくいと思いますよ」
「そうなんですってねえ、でも、そんなの困るわぁ~、たまゆらが写る機種はドレかしら?」
 ーーたまゆらが写る機種って。。。(苦笑)友人が「たまゆらが写ります!カメラ」をどこかのメーカーから販売すればスピ系に売れるといっていた。

「ここ、昔ネイティブ・インディアンが住んでましたねえ。セレモニーをしてた場所よ。エネルギーがすごいわぁ」
ー「え?I代さん、見えるんですか?」
「あら、見えないわよー」

うまく解釈したり、頭で考える事を優先していて忘れてた。無邪気でいいんだ。
無邪気に楽しむという事を教えていただいた。
いや、教わるというより、伝染。
無邪気さは伝染。サイコー!イエ〜〜〜イ!

=======
I sometimes try to show myself much more cleaver or something special. that is getting far from “ONENESS”. people born from oneness, and getting to be a special, and going back to oneness, that could be aging, could be awaking.

Mrs. K, she has 3 grand children. she has strong relationship with whom world wide famous spritual people like Dr. EMOTO or Dr.Caroline Myss. actually a lot of Japanese spritual people asked her to help when they come to U.S.
she is totally far from ego, and she is very innocent and has precious heart.

she said
“I had appointment from 7 pm but I canceled it. because Moon rise is priority”
“Look! on my picture, there are some AUBE! so beautiful!!. I want to get new camera, but good camera doesn’t catch AUBE, is it true ? which model can get AUBE ?”
and all the time she scream like Japanese school girl.

we went to hiking together. she says so many cute things. it was so funny.
I realized “logic or cleaver things, intelligence which I sometimes insist, does not mean any”
don’t need think with your left brain. just feel it.
her innocent heart influenced me. just have a fun! Yay!!

ブルームーンの3月

3月1日は満月。

月は、新月の時には朝日とほぼ同じ時間にのぼる。
毎日1時間10分くらいごとに月の出は遅くなり、満月の頃は、ちょうど日が沈む頃に月が出始める。
昼間に見える月は必ず上弦の月。

こんな事に気を向けるようになったのも、ロスに引越して来てからだ。今日はとりわけ夕日が奇麗だったとか、虹雲が出た、など、会話の中に出る。そんなLAが大好き。

とにかく、サンセットの頃、高台に上ると、海に向かって右手にサンセット、左手に月の出が同時に見える、一粒で二度美味しいのだ。満月の時はサンセット&ムーンライズのハイキングに行く事もある。

というわけで、この日はプチハイクに行って来た。

まさに雄大に、美空ひばりが奈落から「柔」とともに、羽根背負ってセリ上がってくるような雄大な月の出。
山の上から見ると、雨上がりでスモッグを一掃したセンチュリーシティあたりの街の上に、真っ赤に静かに燃えながら月は昇り始めた。大きく、それは大きく。。。
霞か雲か、淡い縞になって。。。

一緒にいった人たちは、気がつけば全員、空を見るのが大好きだった加奈子ちゃんのご縁。
そういえば加奈ちゃんともサンセットムーンライズのハイキングに行った。
今回行った場所は、闘病中につきハイクへ行けない彼女のために、よく来て電話で空模様を中継をした場所。

加奈ちゃんは満月の日に全て終えて旅立った。
あの満月からもう3回目の満月だよ。

3月もブルームーン(ひと月に2度ある満月。最初をファーストムーン、2回目をブルームーンと言うらしい)の月。

夜は操ちゃん(シャスタの歩き方、著者)に教えてもらったグリーンタラのマントラを歌いながらラクシュミダンスを一人で踊って、お財布を振って。
スピ系、占い系、バカバカしい、などと鼻で笑っておきながら、しっかり、一応、押さえるところは押さえといた。

=======
this March, we have 2 times full moon, it calls “Blue Moon (first moon and full moon)”.
we went to “Sunset moon rise” hike. around full moon time, moon rise is almost same time. I learned this fact after I started to live in LA. after moving to LA, a lot of people talk about SUNSET or something like that. that is the one of the reason I love in LA so much.

anyway, tranquil red moon was rising above Century city, it was huge, so huge…. like queen is coming up on the stage.

the place I went, that was the place I always call my friend KANAKO who passed away last December by cancer, she really loved sky watching, so I reported for her often.
and she complete her life on the full moon day. after that this is the 3rd full moon.

coincidence or not, this time I was watching with 3 people, all of them are KANAKO’s friend.

after the midnight, I sang Green Tara’s mantra, and did Lakshmi dance with shaking my wallet. this is one of the lucky activity, which my friend thought. I usually make fun of this kind of stuff though, I would do anything good for money right now. ha ha ha.