仮面の裏側、エゴの下

昨日書いたブログ、

それは、仮面のワークショップを展開している
ロブ・ファウストのパフォーマンスを見たことがきっかけで思い出した。
 
演劇科卒業の私にはとても面白かった。
 
特に「ゼロに帰る。ニュートラルに帰る」というところがツボにはまり、昨日のブログとなった。
 
 
仮面のパフォーマンスをするロブは、
古くはコンタクトインプロブのダンサーでもあった、
と自己紹介をした。
 
ルシアの5リズムのワークショップに来た時、彼はルシアのワークに惚れ、
彼のパフォーマンスを見たルシアは彼のワークに惚れ、
本来はルシアのワークショップの後に、
ルシアとロブと二人で「5リズム&マスク」というワークショップをするはずだった。
  
私はそのアシスタントにも入るはずだったのだが、
今回のエサレンの通行止につき、
週末のロブ絡みのワークショップはキャンセル。
 
その代わりに、パフォーマンスだけをしに来てくれた。
 
「Behind the mask / beneath the ego」
(仮面の裏側/エゴの下)
 
 
 
ほぼ同じものがこちらのTED TALKにアップされていたので
訳をつけてみた。(下記参照)
本職ではないので、間違いがあったらご指摘を。
 
ロブ・ファウストのパフォーマンスはこちらから。。。

 
 
 
=======
 
おしゃべり 4分目くらいから の訳 
4:00〜
 
私のバレエ、お楽しみ頂けましたか? ありがとう!
ね?マスクは面白いでしょう?
私はニューオーリンズで生まれ育ち、マディグラという仮面の祭りで育った。今日はこのマスクを比喩として、非言語コミュニケーションとユーモアを探っていきたいと思います。
 
今日は「リセット」と言うコンセプトにパーフェクトな仮面を持ってきました。
「ニュートラルの仮面」といいます。
演劇の先生はこれを生徒につけさせ、「心理的ゴミや過去やエゴを持たない、大人の体のまま生まれてきた人」を仮定して、全くのニュートラルでいるように、という練習をさせます。
このキャラクターは、姿勢もニュートラルで、早くも遅くもない通常のスピードで歩き、悪い態度もせず、感情も持たず、個性も持ちません。
 
これ、簡単じゃないです。なぜなら人間というのはニュートラルではないから。
いつも5つくらいのこと感じて抱えてて、自分個人のスタイルがある。
 
俳優にとってのチャレンジとは個性をリセットして「からっぽにすること」。
新しいキャラクターを入れるために、まずはリセットする。
 
現在7兆人の人が地球にいて、一人として同じ人はいなません。
でもパラドックスは、必死で理解しようとしている文化的違いや、内なる/外なる政治的な葛藤や平和がありますが、仮面の後ろ、エゴの下に隠された私たちは、本来は皆同じ、一つということです。
 
ちょっとこのニュートラルの仮面をかぶってみますね。
そのあと、もっと楽しいのをします。
 
 
 
おしゃべり 10分41秒目から の訳
10:41〜
 
ありがとう。マスクを見たとき、同じ顔をした人、いますか?もちろんいますよね。私は知っている、なぜなら、見てたから(会場笑い) 同じ気持ちになった人、いますか?いますね?
通常、女性がイエス、って答えるんだ。男性より強く共感する。男性諸君、来世紀には、ね。ま、男だって頑張ってるんだけどね。「ハニー、リセットしようと頑張ってるんだよ、君を、理解しようとしてるんだよ」って。
 
共感っていうのは通常、身体的なもの、潜在的なものです。頭で考えて出来るようなことではない。そして感情とは「伝染する」もの。いつも驚かされるのは何十年も何十年も一緒にいるカップルが本当に似てくること。似た顔の人が結婚するのではなく、彼らは互いを鏡のように長い間見あって、共感して、長い間同じ顔の筋肉を共有してるんだから似てきて当然だ。同じ笑顔をして、同じ眉間のシワがある。
 
「ハニー、具合悪そうだけどどう?何かいる?お茶?それともウイスキー?」(と心配顔で見る)
同じことを、こんな感じでやってみたら
(と、心配毛のない言い方で同じことをいう)
この結婚は長くないですよね。
 
共感は顔に出てくる。体に出てくる。声のトーンに出てきます。
 
最近の脳科学で言われていることは、私たちが受け取っている80%の感情のインフォメーションは顔の表情、声のイントネーション、そしてボディ・ランゲージだそうです。20%のみが実際の「コトバ」
ってことは、何を「話せば」いいのか、ってことですね?
ダンスしたりハグしたりする?
いや、もちろん20%は大切だ。
 
言いたいことは何かっていうと
 
「ロブ、どう?元気かい?」
「あ、元気だよ、ただ寒いだけさ。うん、クールだよ、あ、リラックスしてるともさ。ホントに!」(と肩が異様に上がっている)
 
(その首を元に戻す。 *ようは、体は嘘つかない、ってコトですね by Masayo)
  
  
さて、今日は一つ別なことをやってみたいと思います。ほんの少しの違いを見ててくださいね。
アイラブユー(パターン1)
アイラブユー(パターン2)落ち着いた感じ
ほんの少しの違いです。
 
皆、立って、3種類、違った言い方でアイラブユーを言ってみてください。
 
みなさん、ありがとう!
イスタンブールのみなさん、最高だ。3組のカップルが去っただけだ(ジョーク)
  
  
ソクラテスは「未踏の(手つかずの)人生は生きる価値がない(The unexamined life is not worth living)」と言いました。
嬉しいことに「何が深刻か」を知ることは「何が笑えるか」を知ることでもある、とも言いました。
彼は、こんにちの科学者が言う「ユーモアが人をつなげ、信頼を築き、同期させ、クリエイティブな流れを作り、緊張を弱める」ことをすでに知っていました。
 
ということで、最後にもう一つ、お楽しみいただきましょう。
 
 
あ、もう一つだけ言いたいのですが、もし私たちが芝居のセンスとユーモアのセンスを持ち合わせていたら、もっと良い先生に、もっと良いビジネスマン、科学者、看護士、医者、政治活動家、友人、になれるでしょう。
 
ユーモア。大きいですよ。
 
〜 終了

小道具芝居と禁煙

演劇をやったことのある人になら、一発で効く、禁煙の仕方。

知りたい?

 〜 〜 〜 

私は以前、タバコを吸っていた。
もう辞めてからかれこれ15年になる。

それを辞めるためにいろいろ考えた。

「健康に悪い」
「アメリカはタバコが高い」実際一箱8ドルする。

しかし、タバコを辞めるにもいろいろな言い訳が湧いてきた。

「急にやめたらストレスたまる」
「食べ物が美味しすぎる」
「太る」

そして、
「くちがヒマ」

これはうちのじいちゃんが昔言っていた言葉。
じいちゃんは何もかも正当化し、まあ、自分に都合のいいように
当たり前のようにコトを言う人だった。

 〜 〜 〜

前置きが長くなりそうなので、結論へ。

どうやったらタバコを止められるか?

「タバコを小道具だと思うこと」

芝居の下手な人を使うとき、
ペン、鉛筆、メガネ、コーヒー、ほうき、うちわ、本、花、抱っこする動物
などの小道具を使う。

すると、その人物がソチラにフォーカスするので
芝居から嘘が少しだけ消える。
ようは芝居の下手さがごまかせる。

これを
「小道具芝居」
と言う。

小道具を使わないと役者として使い物にならないヤツは
役者として失格だ、とか

また、アイツ、小道具に逃げたな、とか。

「なんだよ、あいつ、小道具芝居しやがってよ」
と、下手な役者を蔑む時によく使われる。

 〜 〜 〜

長い間PCをしていて、ふと一服。
ふう〜〜、っと深呼吸をする。

嫌な相手と話していて、なんと答えたらいいかわからない時
ふう〜、っと一服。

これら全部、間を埋めるための小道具芝居。

小道具なくては間が埋まらないのか?ワタシは?
私は小道具に頼らない、「真の芝居」ができるのか?

そう思ったら、
一発でタバコが止められたのが15年前のこと。

 〜 〜 〜

先日、元役者で
心臓を患っている人がいたので、
タバコやめたら?といった。

わかってるんすけどねー、というので
この話を久しぶりにした。

「やべっ!嫌っす!もう、絶対やめるっす!。。。これ以上の屈辱はナイっす」
と言っていた。

がんばれー!

アカデミー賞の影にこの女性あり

ブラピとか、ハルベリーとか、ビヨンセにはじまり、シルベスタスタローンまで、いわゆるセレブは必ずといっていいほど、彼女のクラスを受けたことがあるのだという女性。そういえば、ハルベリーが「彼女なしで私のオスカーはありえない」と号泣したスピーチは感動的だった。その「彼女」イヴァナ氏。

「見たい!」

その気持ちは岩をも動かし(笑)、ついにアクター以外は普通入れない、しかも同じアクターでもマスターコースとよばれる上級のクラスを見せてもらえることになった。

まず、役者さんたちがシーンを演ずる。
それにたいしてイヴァナ氏が「指示」を出す。
そして、もう一度、同じシーンを演ずるのだが、、、

これが同じものかというくらい変わる。

38倍良くなる。タマげた。

イヴァナ氏はダメ出しをするわけではない。ただ、アクターたちに設定を指示するのだ。こころの設定、感情の設定、それを役者の実生活と結びつけさせ、そこにアンカーをおいてあげるのだ。

また、とても優秀な役者さんがモノローグをした。コメディだったので、ひっくり返るくらい笑って、こんな完璧な演技には、何も直しなどないだろうと思ったら「あなた、侮辱されたことある?侮辱された時の気持ちを持ったまま、もう一度同じようにやってみて」と言った。

そしたら、みている側は笑うだけでなく、涙がツーっと頬を落ちるような、そこにいる役者さんの人生が見えるキャラクター作りに変わって、印象がググっと変わったのだった。

私は5リズムというソーマティック(体を使った)ムーブメントをしているから、体からウソがわかる。第一回目にアクターたちが演じたシーンだと、たとえ演技は怒っていても、体が怒ってないとか、そういうウソがわかる。

それをどうやってイヴァナ氏はなおすんだろう?と思ったら、そんなモノ、彼女は直さずに、「こころ」の設定を直すのだ。すると、結果としてカラダはついてくる。ココロにウソがなくなると、カラダにウソがなくなるのだ。

役者さんに人生を背負わせるから、とたんに人間味が出て、演技ではなく、一人の人物としてリアルになるのだ。それを見る私たちは、感情移入をしやすくなるのだ。

しかし、その指示を出すイヴァナ氏を見ていると、彼女は演出家とかそういったものである以前に

”シャーマンだ”

いやーー、すごいモノを見せていただいた。

ハルベリーしかり、彼女をメンターとする人がたくさんいるのがわかる。
私も女優だったとしたら「この人がメンター」というと思う。
女優じゃなくても、この人は私が勝手に思う密かなる自分のメンター。

しかし、彼女と一緒に仕事をした人たちは、皆、とてもスピリチャルだと思う。

UFOやエンジェル、聞こえる、見える、とか関係のない、「本当の意味での」スピリチャルね。

改めてアクターという仕事に敬意を評する。

5リズムとも考え方がとても近いと思う。
こころを再現するお仕事。
カラダがウソをつかないお仕事。
自分の人生を役に(踊りに)入れるお仕事。

アクターもダンサーも、本来は技術ではなく「インナーワーク」である。
そこをわかっていないパフォーマンスは、「仮面(マスク)」の域を出ない。

「アクターとは心のアスリートである」 by ガブリエルロス 5リズム創始者

 

日本語版 イヴァナ氏の著書 白石哲也 訳  役者の方は是非読んでみて!

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=masayola-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=456008453X&internal=1

(日本人でチャバック式演技術のティーチャーズトレイニングを受けた先生がいらっしゃいます。白石さんご本人と、トリさん、もうお一人はなんと桐朋学園演劇科の私の後輩でした!)

 

コンティニウム 4) ジョジアン・コーワン

ジョジアン・コーワンは5リズムやエクスタティックダンスにもよく来ている。
60歳近い女性だが、背が高いブロンドで、いつも奇麗な布をまとっていて、布を上手に使いながら踊っている。

白い女神エナジーで、サラッとしている雰囲気の女性。

===

ジョジアンは前出のカミール・モーリン(コンティニウム2で書いている)と同じく、コンティニウムをベースとして使った、女性のためのムーブメントを展開し教えている女性。
彼女はかなりユニークなやり方をとっており、それが特徴となっている。

その特徴とは?

布。
彼女は布の人である。

スタジオに入ると、部屋中に大きな舞台装置ほどの布が張り巡らされている。
部屋へ入ったとたん、え?何するの?と思う。

彼女のワークはどこのスタジオでも出来るわけではない。吊るしたり張ったりするためには天井の高さや梁が必要。彼女はサンタモニカのコンティニウムスタジオでやっている。

天井からフライングヨガが出来るようなシルクを釣ってあったり、壁には登れるロープや蜘蛛の巣が張ってあったり、小体育室ほどの部屋の中は、大きな様々な色の布でいくつかの仕切りがされ、いくつかの世界が作られている。

その世界は、毎回テーマごとに違うが、闇、光、癒し、川、といった比喩の空間。
まるでアングラ演劇の実験室のような部屋に作られている。

その中には小道具がいっぱいあって、小道具を使ったり身にまとったりしながら、自分の中の闇や光、癒しと大きく繋がるという、演劇的実験空間を体験させ、自分自身を見つめさせる。

3時間のクラスでここまでしっかりやっているのは全米広しといえどジョジアンだけだろうと思われる。
3時間のためにこのセッティングを、はしごをのぼって自分で作りあげるのは、まさに愛としかいいようがない。しかも、布は自分が持って来る。

多くのムーブメントの先生はきっちりとオルター(自分を敬うための祭壇)を作るので、布を持っているケースも多いが、ここまでマイ布を持っているジョジアンは圧巻だ。
布の持つ揺れ、布の持つ手ざわり、これらを使って女性性を解放する練習を促している。

===

彼女の優しく的確なウォーミングアップとインストラクションの後、1時間半以上、どっぷりと、その布で作られた演劇的空間の、それぞれの世界にはまる。

布をまとったり、布に隠れたり、布から脱皮したり。
釣られたシルクの中にどっぷりと包まれ胎内にいる感覚を感じたり、
川と設定された場所で自分を洗い流す感覚を味わったり、
火と設定された真っ赤な布のある場所で棒を振り回したり、

そんな事をしているうちに隠されている感情が湧いて来る。
サディスティックだったり、悲しかったり、嬉しかったり、超越感を感じたり。

あっと言う間に1時間半以上たってしまう。

いわゆる、壮大な「ごっこ遊び」なのだが、
真剣にセットを使って、真剣に遊ぶ。1人で遊ぶ。自分と遊ぶ。
大人のための「ごっこ遊び」。

けっこうガーリー(女の子的)といえば、ガーリーだけれども。
小さいときは、こういう事をしていたかもしれない。
それってけっこうなセラピーとなっていたようにも思う。
また、クリエイティブなココロの促進にも。。。

彼女のガイドによる身体の微妙な動きにコネクトしつつ、かなり深い「心のワークアウト」となる。