負のパワーは宝物

エゴって、嫌なもの? 厄介なもの?

私のエゴは、

一番でいたいと思うこと。
失敗したくないと思う。
コンペティティブ(負けず嫌い)なこと。
ジャッジメンタル(批判的)なこと。
ええかっこシイなこと。
そのオモチャが手に入らなかったら手足をバタバタして泣く子供くらい自分勝手。
思い通りにしたい仕切り屋。
 
そういうエゴをドカっと持ってる。
 
 
でも、
 
だからこそ、
どんな苦難も乗り越えて来たんだよね。
 
批判的な自分じゃなかったら
客観性を持たなかったし、
 
ええかっこシイじゃなかったら
すぐに挫折してあきらめてたし、
 
思い通りにしたいというのは
人生をクリエイトするという意志の表れだし
 
バタバタして泣くほど自分勝手じゃなかったら
自分の欲しいものに情熱を注げなかったと思う。

仕切り屋の素質がなかったら
教えることにはならなかった。
 
一番でいたいから、失敗したくないから、負けたくないから
必死で練習した結果、その能力は成長した。
 
副産物として
一番、なんてモノはないことを知り、
失敗、なんてものは経過であることを知り、
負け、なんてものは勝ちという概念の産物であることを知った。
 
それらを知ることができたのも
必死で「一番、成功と失敗、勝ち負け」に固執したからだ。
 
 
エゴがなかったら
私はただ
流されてきて、
アメリカにもこなかったと思う。
 
自分の欠点を長所の変える、という言い方もできる。
 
むしろ、
 
欠点こそが原動力であり
影こそが光を際立たせるものであり
弱いところが一番の強みである。
 

 
これらを、5リズムで「自分の体から」
「自分の体に落とし込んで」学んでいる。

自分を学ぶことに終わりはない。
なぜなら、自分は絶えず変化するから。

 
負のパワーは宝物。
これだけは絶対に言える。
 
ここが3次元の地球である以上、
これはスピリチャルでもなんでもなく
「物理」なのだ。

負がなかったら正はナイ。

5リズム、日本で1月21日から2月5日まで
クラスやワークショプをして回ります。

http://5rjp.com/teacher/masayo-benoist/

ノってる時はシンクロする

人も波。
あれも波。
これも波。
きっと波。

これにメロディーがつく人は多分「昭和」

(メロディー参照: 松坂慶子 愛の水中花)

   〜 〜 〜

物事は波動である。

ノってる人は、大概シンクロすることが多いと思う。

周りのノってる人にどうか、尋ねてみてほしい。
「今、電話しようと思ってたら相手からかかってきた」みたいなシンクロありますか?って。

多分、そうそう!多いんだよ!っていうと思う。

それには理由がある。

とはいえ、実証された理由ではないので、あしからず。
が限りなく理論的で、腑に落ちる。

バシャールが言った中で、私が一番好きな言葉の一つで、
あ、そうだった!と膝をポンと叩いたのが 以下の言葉である。
ちなみに私にとっては、バシャールはとても論理的な存在のカテゴリーに入る。

何度か同じことを書いたような気がするんだが、
検索しても出てこなかったので、
以前のさるさるの時のカリ日記に書いていたのかもしれない。

というわけでもう一度。

ってか、これ宝ものだよ。
バシャールのビデオで、このことを言ってるのを
見つけたことがないもの。。。

   〜 〜 〜

「ワクワクすることをしなさい。
 それはなぜだかわかりますか?
 
 ワクワクというのは、どんな感じがしますか?
 ポジティブ? ポジティブだけかな?
 違うんだな。
 嬉しい楽しい、でも怖い。
 ポジティブとネガティブ。
 ここを行ったり来たりする。
 このドキドキする波動がワクワクなんです。
 
 では、話題が変わるようだが、素粒子を見てみましょう。
 陽子と電子が行ったり来たりする様子、
 これはプラストマイナスですね?
 それが素粒子。全てのものは素粒子で成り立っている。
 ということは、
 世の中の全ては
 このプラスとマイナスを行ったり来たりする運動で
 成り立っている、ということになります。

 すなわち、
 ワクワクしているということは
 この世の中にできているすべてのものの素粒子と、
 波動自体は同じ動きをしているということですよ。

 だから、ワクワクしてる人はよく、シンクロするという。
 ツイてる人は、よくシンクロをするという。
 当然なんです。当たり前です。
 だって、この世を作っているもの、
 つまり、ユニバースだの、創造主だのというものと
 波動が同じになって同機(漢字合ってますか?一緒に動く、の意味)すれば、
 おのずからすべてはシンクロして
 否が応でも枠が外れて、いわゆる本来の姿になる。
 結果的に「いわゆるラッキーなこと」が起こる、というわけです。

 これは、”エンジェル”があなたのために働いてくれるのではなく
 単なる”物理”です。”理論”です」

バシャールは ”エンジェル” という時にちょっと眉を歪めて
手の指で「なんちゃって」系の動きをして見せた。

バシャール、I love you!!

(この後、ワクワクに関する余談へと続きます。)

今やれることは今やる その2

1から続く

おばあちゃんが死んだ時の話を少し。。。

東京に住んでいた20代の頃、年に3回ほど実家の福井へ帰った。
おばあちゃんに会う時、全ておばあちゃんを満足させてあげちゃうと、おばあちゃんが死んじゃうような気がした。だから、また次の時にちゃんとできるように、何かを残しておいた。

「まさよちゃん、もっと話したかったけど、元気でね」
と言われた時
「次に話せるやん!」
とプイと横むきながら26歳の私は言った。

それでもおばあちゃんは微笑んでいた。

何か、やり残しをしておかないと おばあちゃんが死んじゃうような気がした。

で、おばあちゃんは死んじゃった。

死んじゃった時に、やり残さなければよかった、と思った。
悔いなく、ベストをつくす。
それはおばあちゃんの死から始まったかもしれない。

今やれることは、今やろう。
やるべきことが全部終わってしまっても、構わないから、全部やろう!

 〜〜〜

ところが、喉元過ぎれば熱さ忘れる。
やることを先送りしては落ち込み、
落ち込みきったところで
「あ!そうだった!やり残しなく、悔いなくするんだった!」
と気づく。

やり残さずにやり始めたら、一つの発見があった。

いくらできることを全部やろうとしても、
不思議なもので、これらを完全に100%終わらせられることなど、まず、ない。

なぜなら、完全に終える1割ほど前、つまり90パーセント達成したあたりで、
必ず新しい仕事が入って来るから。

これやっちゃったら、全部終わっちゃう、、、
そういう悲しさから、なんとなく6割型でやめてた過去の自分。

いやいや、物事は物理なので、
カラッポにしたら必ず、入って来るのだ。

だから私は一個づつ、片付けて行って、空っぽにする。

その3に続く