余計なことするって悪くない

アメリカに住んで 
アメリカいいなあと思うのは
人が優しい。
皆、一言 かける。

昨日のスーパーのエレベーターでも
「あ、大丈夫よ、開けておくから」とボタンを押したら
「ありがとうねえ〜、こんなご時世だから助け合わなきゃね」
「ほんとにねえ〜〜、、、」
「うん、互いにサポートしなきゃね」
「うん、小さなことでいいんだよね。こうやってちょっと先に譲るとか、ドア開けたげるとか、それだけでも随分と心が救われるものね。頑張ろうね」
「ありがとうね」

って、たったの30秒の中で、
全く知らないもの同士が会話をし、
暖かいエネルギーが流れた。

今日歩いていたら、
人が駐車場で倒れており、
そこへホームレスがびっくりして心臓に手を当てにいき
脈を測る様子を見たので、
私も近くまで行って大丈夫?と聞いたら
「脈はある」
とホームレスが言った。

そこを通り過ぎようとした、
20代前半のグループが
皆、「大丈夫か?」って
心配して、近寄ってきて

結局大丈夫だったから皆、解散したけども

なんか、その優しさに、
涙が出そうになった。

スーパーのレジでも
一言
「ありがとう、そのネックレス素敵ね」
っていうことで
彼女の1日はちょっと嬉しいものになるだろうし

ほんのすこし、
ほんのすこしだけ

効率ばかり考える1日に色を添えるべく
何かいらないこと、余計なことをするって
悪くない。

そう思った。

広告

あ!声が違う

5リズムの先生で、
ホッケーの体のメンテをしているコーチでもあり、
ホッケーの人たちにも5リズムをやらせちゃう
カナダの男性の先生、エリックから、
「アレキサンダーテクニークは習っとけ」
と言われていたので、
この夏からon & offで習い始めた。

=========

先生はLA在住の日本人にして、
私と同じ、カラダオタクな逸子さん。

5リズムもアレクサンダーも、共通点がいっぱいあるので
逸子さんもすっかり5リズムファン。
そして、私もすっかりアレクサンダーファン。

今回は座り方、立ち方。

座っている時に私がまっすぐだと思っていた姿勢が
実は少し反っていて、
ほんの少し、
ほんの少し、
前のめりな気分になる座り方が
私にはまっすぐなことがわかった。

その、
ほんの少し、
のさじ加減。

逸子さんがそこへ私をちょっとだけ押して
持って行ってくれた時、

イキナリ
「カラダが管になった」

要するに、「通った」

瞑想とかしてると
「あ、キタ!」とか
「あ、つながった」と思う瞬間があるんだけど
まさにソレにつながった。

自分がちゃんと宇宙の管として存在すると
簡単に繋がれる。

アレキサンダーテクニークで
たった1センチとか 気持ちを前にするだけで
「管になった」

そして

その時に

「あ!」

と声を出してなおさら驚いた。

めっちゃ声が出る!
声が違う!

えええええええ〜〜〜〜〜!!!

だった。

ビックリした、ビックリした。

「これが本来の自分100%か」

と。

それを意識的に自分で持ってこれたら
スゴクない?

そんな私のアレクサンダーの先生、逸子さんが
日本でワークショップをする。

体の意識をエデュケーションする、アレクサンダーテクニーク。

ボディ系のことをやっておられる方は是非!!

===============

1『ストレスに強い自分になる!』
11月5日(土)10:00am-­‐1:00pm
それは無理をすることでも頑張ることでもなく、本来の自分を取り戻すこと。自分を客観的に観察することにより、ストレスの正体を知り、それに対処するツールを手に入れます。

2『無意識の習慣から抜け出そう!』
11月19日(土)10:00am-­-12:00pm
習慣に乗っ取られている自分の身体や思考から、実際に自分を取り戻していくトレーニングをします。様々なゲームを通して、楽しみながら自分を新発見していきます。

料金:11月5日7,000円/11月19日4,500円(両日参加10,000円)
講師:マスダ J.逸子
主催:パトリス・ジュリアンオフィス
協力:渋谷のおうちギャラリー
お申し込み:info@patricejulien.com

講師紹介
マスダ J.逸子
米国アレクサンダー・テクニック協会公認教師。
パトリス・ジュリアン[Art of Life Master] 最初の弟子のひとり。修了後さらに深くよりよい人生のためのツールを求め、1600時間以上の訓練を積み、アメリカ最大のアレクサンダー・テクニック協会であるAmSAT公認教師となる。現在、アメリカ南カリフォルニア在住。生徒には俳優、大学教授、写真家、アナウンサー、ミュージシャン、ダンサー、ビジネスエグゼクティブ、妊婦、子育て中のお母さん…など様々。
ウェブサイト: itsukojmasuda.com

フェルデンクライスいってきた

ルシエンが教えているフェルデンクライス。(Feldenkrais)

コアマッスルに響く〜。

今まで使ってなかった、または退化したところを鍛えるので、
少しの動きしかしてないのに、
脳がげろげろに疲れる。

今回は、壁を使って足のゆび 〜 歩く のクラス。

オレンジから一緒に来てくれたたかこさんと一緒に。

今回は7人と多かった。
ジムに通いつめているという若い男性が
「ジムよりキツい」と。

リハビリにもいい。

これは断続的に続けよう。

===

そうそう! メルマガ、12月1日からついに再会です。
応援よろしくお願いします☆

http://www.mag2.com/m/0001581543.html