ニューメキシコの旅2:アパッチ族

最初にプチ復習。

200数十年前に、白人が北アメリカ大陸に渡って来た時、彼らは着いたその場所をインドだと思っていたのだそうだ。だから「インド人(インディアン)」と呼んだのだそうで、そういった事から「インディアン」と呼ぶのは失礼で「ネイティブアメリカン(アメリカ原住民)」と呼ぶ方が正しいのだと言われているらしい。

___

私たちの隊長はアパッチ族のギル(ギルバート)さん。アパッチの血にスパニッシュが入り、彫りが深く美しい。モデルもやってた事があるくらい見た目がかっこいいチョイ悪オヤジ(もう死語ですかね?)で、本人は「リチャードギア」と言っていたが、むしろ、アントニオバンデラスの15年後という感じがする。したがって67歳にはとても見えず、中身は子供のまんま。モテると思う。

ジェロニモに代表されるアパッチ族というのは、前日のホピ(平和の象徴)に比べて気が荒い(戦闘の部族)のだそうで、ハイパーでテンションが高いのだそうだ。ギルさんに紹介された他のアパッチの長老達も「昔は対向車線をぶっちぎり、5台ごぼう抜きしたんだ」などとおっしゃる。他のおだやかな長老達も、目を覗くと、深い、深い、不思議な色。

さて、アパッチ族の本拠地、GILA。ギラではなく、ヒラと読む。スペイン語圏の発音によりGが無音というかHの発音になるらしい。

美しい緑の森と砂漠と岩があいまった、いいいーーーあんばいの場所。ネイティブアメリカンが住んでいた遺跡に案内していただいた。

大きな岩が張り出してなければ、まるで湯の国慕情。せせらぎが流れ、しかも操ちゃんデザインの着物の撮影で来ているため、2人のモデルさん(イルちゃん&えりこちゃん)の着物姿を新緑の前で撮ると「温泉ウサギちゃん」のような雰囲気になる。

が、いったん上へ登ってしまうと、

うわっ!!

そうだったのか、ここがネイティブが住んでいた場所なのか。。。

岩の中が洞窟になっており、覗き窓や仕切りが作られ、外は死ぬ程暑いのに、中はひんやりと、大自然のクーラーで、古代の知恵が偲ばれる。

鬼のような太陽光線、本当にすごく目が痛いほどきつい太陽が、洞窟の中ではほんのりと入り、それは美しいライティング。作ろうたって作れやしない。その中に立つ二人の着物を来た日本人女性。異様なミスマッチが楽しい。ギルさんにはネイティブの儀式用の服を着ていただき、異文化の融合のような不思議な感覚。

そして、遺跡のあるアパッチの施設から、ナショナルフォレストのパークレンジャー長である白人のスティーブさんが一緒に来て下さり、時々、レフ版をあててくれたりして(笑)全面的に協力して下さった。

美しい遺跡を後にして、戦闘の後、傷を癒したであろう川沿いの温泉へ。

入るとピリピリと肌にささる感じ。しかし、しばらく浮いているととても心地よくなってくる。

暑くのぼせそうになったら川に飛び込む。

ネットも、片づけも、何もかも忘れて自然の中に抱かれた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

__________

at first, review which I learned. 200 yers ago, White people landed to the North America continental and they thought that was INDIA. that’s the reason they call Native American Local people as “INDIAN”

___

our group leader and greatest guide is Mir. Gil. He is a mainly Apache and Spanish background mix. so he has beautiful face structure. he used to be a model too. he says himself “Rechard Gire” but I think more “Antonio Banderas” type with still young boys heart. He never looks like 67 years old, I knew he was really popular in his young age. still now, could be.

Apache is renown as Jeronimo, compare with HOPI which is the simbol of the peace, Apache is so much energy because of the simbol of the warier. they have so much energy and tension. and hard worker that’s why they are succeed of their job, INDIAN CASINO.

the other elder who was introduced by Gil, he also said “I used to pass 5 cars at once!” any other elders also, however looks culm, in their eyes, very deep, misterious  color.

BTW, Apache home town is, Gila. pronounce HIRA like Spanish sound.

Beautiful forest, rumble, rocks and desert in huge land. they have every nature. Mr. Gil guided us “Gila National Park” we went to the entient Native Amrican Ruins .

if there are not huge rock, we can not tell this is some Japanese country side. especially de models are wearing KIMONO, it’s like TV reality show of the JAPANSE HOT SPRINGS by sexy girls. ha ha ha.

but once we up to the rocks,

Oh My God! this is the place the native used to live…..

inside of the beautiful cave is much much cooler than killing sunshine, the T hole is protecting from the enemy. lot of ancient technology.

anyway, so beutiful natural lighting inside of the cave. it’s hardly copy it. with Native American and Kimono girls standing in the old structure, it was really beautiful mismatching. merge the cultures!. I fell that we are born as different tribe though, we might be here a long time ago.

Thanks for everybody who helped our shooting.

and then, we went to the hot springs where the Apache people might came for healing from their war.  the hot water has kind like shap tingling feeling. and it does really work!!

when you got so hot from hot tub, jump into the river.

we were in the full of nature without any internet, or house keeping stuff. very nice.

ニューメキシコの旅1:ホピ Travel_1: Hopi@Sedona

シャスタの操ちゃん(SF在住)のデザインする、ニューウエイブ着物の撮影にのっけてニューメキシコへ行こう!という計画があり、それをセドナのイルちゃんに話したら、車を出してくれると言う。

そのうえ、イルちゃんのコネクションで、ネイティブアメリカンのアパッチ族の長老がナビゲートして下さる巡礼の旅となった。

まずセドナから始まり、ネイティブアメリカンの中でも平和の象徴であるホピ族のブレッシング(加護)のセレモニーを受ける光栄に預かった。アレン氏(兄)とルーベン氏(弟)その家族で総勢10人が来てくれての、ブレッシングまでははじめての事。

セレモニー(儀式)とは様式美であり、スタイルだけにひっぱられる昨今の「なんちゃって儀式大げさ風味」は嫌いだったが、ルーベン氏の兄、アレン氏の、心のこもった、熟練された儀式は、儀式の意味とスタイルを心で繋ぎ合わせ、神を呼んでいる様子がまるで目に見えるようだった。

「祈り、信心、魔法」とは何かを考えさせられた。

祈りも、信心も、魔法も、全てに共通している事は「意図」である。それをアクティブにするかしないか、それは「祈るものの意図、信じる物の心、魔法をかけるものの意志」なのだと思いながら熟練されたしなやかな動きを見ていた。ま、その先とか、少しまがった方向に虚言癖というのもあるので(信じているうちにソレが本当の事のように思えてしまう事)それはカンベン願いたいし、また、それは信じる意図と紙一重ではあるのだけれども、、、そのあたりはバランスと言う事で。。。

一人づつが自己紹介を兼ねて思う事を述べてゆく。数年前に見たルーベンの息子達も大きくなり、照れながら言う年齢になったものの、セレモニーの最後に歌ってくれるホピ族の歌の時は、太鼓を鳴らしながら大声で歌ってくれるそのピュアな事。

祈りの後、物品を見た。本当は買う事によって彼らの家族をサポートするのだとは思うが、ホピが作ったと言うだけの値段設定は高すぎ、自分のハートがしっくり来なかったので、CDと、手作りの小さいリズム楽器だけを買った。世間の相場に合わせる事が逆に差別ナシという事だとも思ったので。。。

ネイティブアメリカン云々というよりも、懐かしい私の子供の頃の、親戚の集いのようなセンチメンタルな暖かさに触れた気がした。地蔵盆、夏祭り、法事、どこの国も基本は同じ。忘れかけていた郷愁を思い出させてくれた。

ルーベン氏と娘っこ(18歳で子持ち!)が一人、着物を着てくれたのでパチリ☆ ルーベン氏、まるで高倉健サンのようによく似合う。

My friend Misao who is a designer of KIMONO, and I was planning to go to New Mexico, and I told IRU who lives in Sedona, she offered us to drive. even she introduced us a Native Amerikan, Apach elder. he offered to guide us.

first event was Blessing by HOPI tribe which is the simbol of the PEACE. Allan and Ruben brothers and their family gave us Blessing celemony. that was really  touchey.

I was so impressed by the celemonial beautiness. I ddin’t like the “Style” because style is just a style. but I found the meaning of the style. beautiful way of praying for 4 directions. they respect all of the creature, and felt a lot of love.

I realize the power of intention. “Celemony, Believe, Pray, Magic”, everything is activated by “intention”. I hated that a “spiritual person” using so much “believe” just “believe” without core, and make it happen in wired way. I hated that. BUT, Mr. Allan ‘s celemony was sooooo beautiful and touchy. there is a big core from experience and wisdom. we can tell he has such a big heart.

spending time with heart warming Hopi people. it was beyond the Hopi or Native American, more like feeling family sentimentalism in my childhood.

bought some goods from them but not so much. supposed to support them, but I could not. the Art is only worked in Art way. if I don’t need it, that I don’t need it.

Ruben and his daughter wore KIMONO. that was really fun. He looks like Japanese doesn’t he ?